FC2ブログ

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 01月 【5件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実戦詰将棋

どうも、進捗が皆無な林です。
ふと見てみると日記が全く更新されておらず、広告が出るようになってしまったので、老婆心ながら広告削除のために日記を書こうと思います。(というより、進捗を生んでたらこんな発想出てくるわけがない。)
以前の自分のように書くことは色々あっただろうに…


というのは置いておいて、本題。
日記というよりかは問題を出すだけなので、そんなに手間がかからないだろうということで、投稿しようと思いました。
というわけで、部員の方々は解いてみてください。

先日、とある研究会にお邪魔して、その中の一局から抜粋。
僕が後手ですが、便宜上先後逆とかは面倒なのでやりません。

実戦詰将棋

ここに至るまで二転三転していて、人間的には熱戦といったところでしょうか。(間違いだらけとも言いますが。)
上の▲3二桂成とした局面、先手玉に詰みが生じているので、どうやって詰ますのかを考えてみてください。
2手目の応手で、3通りと2通りの詰まし方があるので、全部読み切ってみましょう。(深夜に突っついただけなので、もうちょっとあるかもしれませんし、そもそも詰まし方が間違っている恐れもありますが。)
細かいことを言えば、この変化とこの変化ほぼ一緒じゃないかとなるかもしれませんが、それは自分で読んで判断してください。
分岐もたくさんありますので、この場合の数の表し方は不適当かもしれませんが。
感想戦で出た詰まし方が詰将棋っぽいなと思ったので、出題してみました。

また、局面図は4四の桂馬を成ったものなのですが、実は違う手だと先手がおそらく勝ちでした。
それも考えてみてください。

ある局面で何を持っていれば、またどういう配置であれば詰みそうだとかいう情報は、考えてみて、経験として持っておくのが重要だと思うので、部員の方々には解いてほしいと思います。
詰み筋をインプットしていくのも大事です。

では、失礼しました。


※追記
日記には書いてませんが、先月、アマ名人戦の京都府代表になりました。
久々の全国大会なので、がんばりたいと思います。
進捗が全然ないので、準備も疎かになりそうなのが気がかりですが…
というかね、もうスケジュールがつらぽよ。
スポンサーサイト

<< 西日本大会他雑記 | ホーム | 王座戦記 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。