FC2ブログ

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 01月 【5件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われた時を求めて ~A la recherche du temps perdu~Ⅵ

追記に下回生へのメッセージがあります。下回生はそれだけでも読んでもらえたら嬉しいです。

6回生です。7回生ルールの下、就活は待ったなしの状況となりました。

最後の年。就活がメインでした。エントリーだけなら100は超え、面接にも30回以上行ったと思います。全て落ちまくり、自己嫌悪そして自己否定ぜざる得ない状態でした。今まで打ち込んだことよりも、生活環境によって大きくなった性格の歪みの方が大きく、とても苦労しました。9月にやっとの思いで一つ内定をもらい、生きる糧をなんとか見つけました。その後どうしても行きたい業界であった企業を受けて就職試験に通ったため、就活を12月に終えました。長かった。

就活はあまり語れませんし、語っても仕方ない気がします。ただ、理屈でモノを語ると大抵の人は遠ざかって行くと思いました。理屈で人の心は動かせない。それは分かっていても体感することはとても難しい。

富士通杯には出ませんでしたが、最後になる王座戦は結果を残したいと思いました。しかし結果は惨敗、最後だからという思いとは裏腹に、その為に最善の努力をしない自分がいました。詰将棋を100問毎日解くという目標も結局頓挫したのもいけなかったです。
王座戦の目標は優勝であり、王座戦という場で闘えるよう、チームのレギュラーになることではない。それにも拘らず、レギュラーの座を保ちながらそれで満足してしまう自分がいたような気がします。そういう意味では自分は団体戦で闘う資格を失っていたと思います。
それでいて悔しさで自暴自棄になるのも最悪であり、完全にダメ人間です。こういう精神的な弱さはどうしても克服が難しいですね。

卒業旅行などで気分をリフレッシュし、いざキリンへ。
どちらかと言うと老害で集まっただけ?のガチチームでも無いため、気楽に構えようと思っていたらいつもより終盤が鋭くなっていてかなり勝てました。チームも絶好調。

二日目は飲み会明けで徹夜組もいて(そういう僕も部室でカタン、ドミニオンでほぼ徹夜)、大変かなと思いましたが、日大戦は予選で当たった同じ相手に完勝、決勝も必敗の将棋を逆転し勝ちました。とにかく皆将棋が強かった。やはり年齢や留年?による連帯感が強かったのでは無いかと思います。

個人戦は卒業式があるので適当にやるつもりが二日目に残り、卒業式はブッチ。二日目は準決勝で負けて終了。最後の三位決定戦は将棋のことだけを考えていたのですが、いざ負けて見ると、「これが最後なんだ、やはり勝たないといかんかったなあ」と思いました。
キリンで始まり、キリンで終わった大学将棋生活。両親にもそれはそれで僕らしいと言われました。
でも、小山さんのように優勝を前面に出している人とは精神的に負けていたし、結局はアマ名人という格と気合に押されたところがあり、僕如き二流の将棋指しが勝てる相手では無いと思いました。そういうところは改善の余地があるんですけどね。

京大将棋部で頑張ってきたことや、そこで過ごした時間や努力は無駄とは思わないし、それを通していろいろな人と出会い、勉強させてもらったと思います。お世話になった先輩方、そして長々と話しに付き合ってくれた後輩達にはとても感謝しています。ありがとうございました。

それでも将棋界だけでは狭すぎるから、もう少し学生生活を楽しむにはより多くの人と付き合っていく必要はあったでしょう。就活で失敗してきたのはそういうことが原因かなと思います。でも僕は楽しかったし、それでいて就職もできたから運に恵まれたのだと思います。

社会人になることで、自由な時間、すなわち将棋に向き合う時間はかなり減ってしまうと思います。
でも、きっと将棋をやめることはないと思います。いや、やめられないと思います。どうしてか、常に強くなりたいと思っているから・・・

Fin

最後まで読んでくれた方に感謝いたします。

これからを担う下回生へ。
京大将棋部のレギュラーは簡単に入れるものではないので、まずはレギュラーになることを目標とするのはいい。しかし、いざレギュラーになった場合に、そこで自分が信頼されているとかそういうことに奢ってはいけない。7人に入っても入らなくても、団体戦の相手は他大学の人間であり、その相手に勝たないといけない。最後は個人の力で勝たないといけないのだから、7人に選ばれて出ると言う事は必ず勝とう思って対局に臨まないといけない。たとえそれがあて馬で出ているいわれたとしても。
チームは勝つだろう、とか論外な考え方。団体戦は負けても次がある。だからこそ、個人戦とは違い負け方はとても重要なのである。
スポンサーサイト

<< モスクワ滞在記(下) | ホーム | 失われた時を求めて ~A la recherche du temps perdu~Ⅴ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。