プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社団戦レポ

どうも僕です。先週末、社団戦に行ってきました。

我らが紅萌(京大 OB チーム)は、アマトップクラスが雨後の筍のように湧く一部リーグ。参加者も最近まで現役だった人が多く、 OB 会と比べると層は若めです。行ったことないけど。

8 時半ごろ、品川に到着。市バス始発からの新幹線を使えば、前泊しなくとも余裕をもって辿りつけました。
浜松町の会場までの道中は、馬鹿みたいに暑かった。やはり東京はクソだ。熱中症と脱水症状対策をちゃんとしましょう。ちなみに会場の自販機は全然冷えてないので注意。外のコンビニがベターです。

9 時すぎ。選手のみなさんと合流。ご好意によって交通費を押し戴く。ありがとうございました。某異星人から「負けたら減額な」みたいなこと言われた気もしますが、懐に入れちまえばこっちのもんです。
今回のメンバーは伊藤伸哉さん、三和秀樹さん、上田哲士さん、加藤悠吾さん、谷口善紀さん、小野友慈さん、大西圭介さん、私の八名。昨年の社団戦打ち上げや学生王座戦以来になる方が多かったです。あけましておめでとうございました。
何となく八つ橋を持参しましたが、結局その場で処理できず。パックになってる饅頭とかのほうが良かった。というか阿闍梨餅にする予定が、朝早すぎてホームの売店しか空いていなかったのです。




一戦目、RG。
私の相手は初対面。面識のない人と指すのは何となく楽しい。

5CO.png

右辺が破れそうですが、流れで右玉にされながらカウンターを狙われる展開は冴えません。例えば、▲33歩△同桂▲34歩△45桂▲33銀△31金▲23飛成△62玉のような展開は最悪。
▲77銀と手を渡しても良いですが、できれば一方的に殴って勝ちたいので、実戦は▲75歩。▲56角の筋を直接受ける術がなく、以下思惑通りの展開で制勝。逃げ込まれる前に相手の安全地帯にちょっかい出す攻めを心がけましょう。

お隣では谷口さんが清水上さんに完封直前からまくられるアツい展開になってましたが、チームは 5-2 で勝利。



二戦目、翔風館GAO。
あとで聞いた話では、私の相手は埼玉大の人だとか。急戦矢倉からうまく指しまわせましたが、終盤ちょっと波瀾がありました。

5CP.png

色々あったものの、ここは勝ち方が選べる局面。▲78飛から受け潰しても良し、適当に詰めろをかけても良しで、実戦は▲54角。
と、ここで

「対局中のところは秒読みを20秒にしてください!」

と放送が入り動揺。社団戦名物らしいですが、私は知りませんでした。
気を取り直し△38銀不成に▲56玉と躱そうとした瞬間、△64桂からの頓死に気づきました。咄嗟に▲48玉。とはいえ見た感じ逃れているし、実際△56桂▲37玉△77竜▲38玉で詰まないこともすぐ分かったのでまだ余裕でした。
しかし本譜は△56桂に何故か▲38玉。△58竜とされ青褪めることに。読み筋の後を先を指してしまう病気で、現実でやらかしたのは初。疲れてたんだと思います。
何やこのクリックミスと心の中で絶叫しつつも、幸い▲27玉と上がるまでの20秒で△26銀の筋は打ち歩で逃れていることを読みきって致命傷に至らず。怖いゲームだ。

チームは 5-2 で勝ち。




三戦目、常笑会。
さっきので玉が薄い状況は嫌になったので、何も考えず相矢倉に誘導。よく分からない駒組を経て下図。

5CQ.png

△84銀ならあまり自信なかったですが、本譜の△64歩が手拍子。▲55歩と突き返した局面は、後手は攻め駒を捌く目処が立たず、見た目以上に差が開いてます。そのまま突き放して勝ち。

その後 3 敗したところで、谷口さんが先の鬱積を晴らすように大逆転を収め 2-3 。
残る 2 局も接戦で、流れはきていましたが、最後は残念ながら 2-5 で負け。アツい戦いでした。




最終戦、FV研。優勝候補の一角にして、今回のラスボス。
私の相手は小林知直氏。

戦型は▲76歩△84歩▲56歩△85歩からの先手向かい飛車で、△42玉に角を換えて▲75角と打つ展開。あ、私が後手です。
△64角▲66角△32玉とローリスクに対応したものの、一直線に穴熊に囲う構想が秀逸でした。これで自信がなければ▲75角に△52玉や△32玉を真面目に研究する必要がありそうです。
実戦はこちらも脳を空にして穴熊に組みなおしました。というか対案を深く考える気力がなかった。しかし△34歩型を強制されている関係上駒組みにやや制約があり、作戦負けを意識。ただし咎めるのは簡単ではなく、千日手が結論になる可能性はあります。

5Dp.png

いろいろあって上図。
第一感△同銀右でしたが、▲同桂△同銀▲44歩△同歩▲同飛△43銀打▲同飛成△同金▲44歩とエロ同人みたいに乱暴されて死にます。いや厳密には耐えるかもしれませんが、どこかで間違えてお亡くなりになる可能性が高い。
なので本譜は△21金▲25歩△同歩▲22歩△31金寄。利かしを甘受し、受け潰す方針を固めました。
いったん腹を括れば、形勢は別としても、相手の攻めに対応して指してれば良いので気楽です。集中力が切れそうで、時間も短いときは、いっそ形勢を度外視して相手に択を押しつけるように指すのも一つの考え方だと思います。

5Dq.png

進んで上図。穴熊党には腕が鳴る局面みたいです。
私は▲54桂△34銀打▲55金と遠巻きに来られる順などを読んでました。
▲34桂も局後に指摘されました。△同銀▲44飛△同歩▲24金となれば受けなしですが、△33玉▲22桂成△42玉▲23成桂△46桂の要領で指せば後手良しでしょう。
実戦はより過激に▲43成桂。しかし△同金▲24歩△同銀▲34金△同金▲同桂△33玉▲41飛成△32銀まで進んでどうやら切れ筋。▲34金に△32玉でも良さそう。以下根絶やし成功して勝利。

ちらと隣を見ると、上田さんが私と同じ研究会メンバーの平野氏を倒してました。見た感じボコボコだったような気がします。ざまあ。魔道杯なんかやってるからです。ご結婚おめでとうございます。
それはさておき、ここで 2 勝確保したのは大きそうだーと思ってたら、いつのまにかチームが 4-3 で勝ってました。後で知りましたが、FV研はここまで奮っておらず、萎えたところにパンチが入ったようです。


そんなわけでチーム 3-1 、個人 4-0 で上々の結果でした。ただし確実な降級回避のためには、最終日に 2 勝 / 3 局が条件です。




18 時ごろ。片づけを手伝った後、打ち上げに。
小野さんは仕事があるらしく離脱。ナメック星にお帰りになられました。京浜東北線からナメック星に行くことができます。知っていましたか。

残る7人でうろうろしつつ、最終的にそのへんにいた客引きをこっちから捕まえて居酒屋へ。合図送るや客引きの兄ちゃんが遠くからダッシュで寄ってきたのがちょっと面白かった。暑いなかご苦労さまです。ほんとに。
打ち上げの模様は割愛。皆自分で参加しましょう。

ここで私の体力が限界を迎えました。
終電で帰るより一泊したほうがマシということで、たまたま店にいた竹下貴重や910らと延長を決め込んでいたところ、伊藤さんが謎の心づけを残して颯爽と去っていかれました……いやあの、酔っ払って普通に受け取ってしまったけれど、宵越し代ということなら 300 円もかかっていないので、冷静に考えるとかなり申し訳ないというか……。ええと。いずれ恩はお返しします。


社団戦最終日は 9 月 20 日です。腕試ししたい部員は参加するといいと思います。楽しいですよ。
スポンサーサイト

<< スクープ!?〜l'exculicivité!?〜 | ホーム | 夏本番 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。