FC2ブログ

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 01月 【5件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマ名人戦記①

ア-キョムフカヒ--
はい、というわけで、未だに一人称をはやっしーにすべきかどうか迷ってる林です。
先日アマ名人戦に行ってきたので、アマ名記をテキトーに書き連ねていこうかなと思います。
(アマ名はベスト16でした)
というかね、そもそも日程がきつすぎる。←お前が悪い

なお、相手の名前は調べればわかることなので、普通に書きますが、ご容赦ください。


【0日目】
久しぶりの全国大会・・・のはずなのに、はっきり言って準備不足。
アマ名後にも予定があるが、どちらも準備が疎かになってしまっていた状態。
どないなってんねん!

さて、前夜祭に行くために東京へ出発したはいいが、京都は生憎の天気だったので、新幹線に乗る前には既にクタクタ。
しかも、名古屋駅まで座れずに、フカヒッっていう感じでした。

前夜祭では、久々に見るOBや元奨も。
なんやかんやで知ってる人たくさんいたなという印象。
こういうことがあると、将棋やっててよかったと将来感じるようになるのかなと思ったり思わなかったり。

あと、全国大会はただ飯を食らえるので、味がいいです。
宿泊費なども運営側に負担していただいています。
ありがたい話ですね。
みんな全国大会目指そう。
ちなみに、僕はアマ名の期間、1食につき2・3食分食べてた気がします。
はっきり言って食べすぎました。

予選ブロックの抽選もこの日に行います。
前夜祭のときに組み合わせが発表となり、初戦から横山さんと当たることになり、お、おう…という所感。
北海道は直前に起きた地震による被害が大きかったことから、まず会場に来れるかどうかという心配がありましたが。
ただ、前夜祭には間に合いませんでしたが、なんとか会場には辿り着けていたようです。

前夜祭でブログの宣伝をされている方がいたので、準備不足を少しでも補うようにと拝見していました。
ブログをされていたのは知っていましたが、見ると勉強不足を痛感しましたね。
大学に入ってから3回生くらいまでは、局面を見たらどの実戦例とか言えてたはずなんだけどなあ…


【一日目】
アマ名人戦は50分30秒というアマ大会では珍しい持ち時間。
初日は予選のみの日程です。

<初戦>
先述のように横山さんと。
僕が先手で、角換わり▲腰掛け銀vs△棒銀模様になりました。
右桂を跳ねるタイミングが早いために、直前にチェックした形に誘導しにくく、ちぐはぐな手順になってしまったなと思いながら指してました。
下図はその弊害も若干出たと思います。(詳細は省きます)

vs横山①

直前に部分的な形ということで、▲67銀と引いた手に対して、△44歩と指された局面。
実は形を勘違いしていて、ここで▲45歩が利く想定で指してました。
いやそんなわけねーだろと愕然。
もう局面としては、互角になるように辛抱していくしかないかなと思い、▲47金と指しました。

ただ、ここでは局後に指摘もされましたが、▲26飛の方がよかった気がします。
軽い攻めも見せてますし、何より▲47金より形がいい。
▲47金って、玉を右にやっていくくらいな気がしますが、すぐに▲48玉って上がれないですしね。
というか、▲26飛の方が絶対好みなので、見えたら指しますね。
悲観しすぎました。

進んで下図。

vs横山②

先手ですが千日手含みで、ここまでは一応互角付近で辛抱できていたかなと思いました。
昔ならこんな指し方は絶対にできなかったですね。
ただ、ここでもう千日手はむりかとなって、▲75歩は暴発でした。
辛抱なら▲29飛とかだろうなと分かっていましたが…

▲75歩以下は、△同銀▲同銀△同飛▲82角に対しての△86歩をうっかりしていました。
他の手ならまだ粘れるかなと思っていたのですが…
というか見た目がどう考えてもダメなので、こういう順は読むべきではありませんでした。
以下は、▲64角成△77飛成(実はこれもうっかり)で、ジ・エンド。

力の差を感じる一局となってしまいました。


<二局目>
福森さんとの対局。
僕が後手で、相居飛車含みの対抗形の出だしとなりました。
下図はまだまだ序盤ですが、先手の構想がおもしろく、うまく指されたなと感じました。

vs福森①

▲55角△73銀▲66銀△85歩▲88飛という進行でした。
進んで下図ですが、ここは少し先手が動きすぎている気もします。

vs福森②

ただ、この局面で△57角はあまりよくない手でした。
以下は、▲95角△44飛▲73角成△75角成▲66銀と進みました。
▲95角は当然織り込み済みなのですが、最終手▲66銀まで進み誤算に気付きました。
実は△64馬と指して、駒損でも玉形の差と飛車の働きの差で難しいと思っていたのですが、△64馬に対しては▲83馬で金取りと▲56桂の両狙いが受かりません。
遠く47にも馬が利いているので指す手がありません。

局面図では、△72金としまってでもおくべきでした。
また、△57角以下の順を選ぶなら、△75角成のところで△47飛成の筋を中心に読みを組み立てるべきでした。
あれだけ部員に読め読めと言っておきながら、大局観に頼ってひどい順を選んでしまうとは。
(実際は△47飛成で良しなので、局面図で選んだ手は悪くはないが…)

進んで下図、ここでは先手がよくなっています。
ただ、僕は相当悪いと思っていたのですが、意外と差が広がってなかったみたいですね。

vs福森③

ここで本譜は▲74角でしたが、これが結果的にはよくなかったようで、かえて▲96角などで優位を維持していました。
ただ、それでも互角より少しいいくらいなので、まだまだ難しいところもありそうです。
▲74角以下は、△84飛▲53桂不成△74飛▲41桂成△57歩と進み、逆に後手に形勢の針が傾きました。
▲53桂不成が先手期待の手ですが、全て無視して攻め合ったのがいい判断だったかもしれません。

難しいところもあったとは思いましたが、そのまま押し切れたと思います。
とにもかくにも、一勝したことで一日目の宿は確保。


<三局目>
田部井さんとの対局。
僕が後手で、5手目▲77銀の出だしの相居飛車。
雁木模様に組んでいく指し方を採用してみました。
迎えて下図。

vs田部井①

ここで△81飛の余地を作るために△73桂と指したのですが、この手があまり良くなかったかもしれません。
変化手順にしか現れませんでしたが、桂頭を攻められる筋が怖いです。
△73桂以下は、▲58金△52金に▲55銀右と進みました。
じっくりした組合いは後手も望むところだと思うのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした。
後手は非常に怖い筋が多く、思ったより強い戦いができません。

△73桂を跳ねるべきかどうかもそうですが、△52金型か△62金型かなど、駒組みにはまだまだ工夫の余地がありそうです。
悪くなかった気もしますが、ずっと自信がなかったために千日手を選択して、指し直しになりました。

この時点で残り時間は10分を切っていて、精神衛生上あまりよろしくなかったですね。
準備不足だと余計な筋まで怖がったりして、時間を投入してしまうのが良くないです。
今回、持ち時間は50分でも秒読みが30秒という特殊な時間設定だったのもあって、持ち時間が切迫すると結構焦りましたね。
実際、指し直し局は初手から時間を意識する羽目になってしまいました。


指し直し局は僕が先手で、▲左美濃vs△雁木という戦型に。
時間なさすぎィと思いながら迎えた局面。

vs田部井②

△54歩~△74歩の構想が見えておらず、苦戦を意識する展開。
というか、時間ないのに未経験の形を掘り下げる時間があるわけがない。
ただ、調べてみると局面としては、指しにくい手に見えるが▲79玉と指して、こちらに分があるようだ。
うーん、でもそんな自信ないけどなあ。

実戦は▲24歩△同歩▲同銀△23歩▲33歩成△同桂▲35銀と進めました。
それ以降こちらが良い局面があったようですが、うまくとらえ切れませんでした。
やはり形に対する認識が不足している感がありますね。

進んで下図。
ここはすでに先手が勝勢と言っても差し支えない局面ですが、明快な決め手がありました。

vs田部井③

それは▲71角という手です。
この日の夜、自室で軽く棋譜解析させたのを見たのですが、この手の存在を知って飛び上がりました。
いやめっちゃ明快じゃん。
本譜は、▲52銀打から清算して▲44歩と打つ展開だったので、なんか微妙な感じがしました。
よりが戻っていたかもしれません。
▲44歩自体が厳しいかどうか微妙ですからね。

まあ、対局中は▲71角の存在など露知らずでしたので、勝ちに近づいていてもおかしくないのに、意外と難しいなと思ってました。
人間らしく間違いが多かったとは思いますが、何とか勝つことができ、予選通過を果たしました。

全国大会で予選を抜けたのは初ですね。(過去、朝日アマは最初から決勝トーナメントで、アマ王将は予選落ち)
目に見えて準備不足だったので、この結果は素直に嬉しかったです。
ただ、同時にもっと気を引き締めないと勝ちあがれないなと思いました。
あー、勉強時間がー。

夕食は、OBの方々に連れて行ってもらいました。
ありがとうございます。


そういえば、明日からは富士通杯なんですね。
京大は残念ながら代表を逃してしまいましたが、関西勢がんばってください。
京大は、冬には全国に行けるようにがんばりましょう。

二日目は気が向いたら書きます。
スポンサーサイト

西日本大会他雑記


初めまして、木村です。
公式DMが日記書けbotと化していたので、暇だったこともあり3年半凝り固まった重い腰をようやく上げることとしました。
これだけ催促するのだから中の人はさぞや平成最後の夏にふさわしい名文を書いてくれるのだろうなと期待しています()

というわけで西日本大会を軽く振り返っていこうかなと思います。
優勝した酒向君と3位の佐藤君を差し置いてベスト8の僕がこうして書くのもおこがましいのですがどうぞ駄文にお付き合いください。


<関西個人戦本戦>
まず前章として個人戦本戦トーナメントで負けた対局から紹介します。
相手は皆さんご存知、神大主将のN氏。(僕後手ですが便宜上先後逆)



4→3戦法を採用しいつも通り作戦負けになったものの少し持ち直した上図、4五の香を銀でとった局面です。コマ割りは金銀と角の二枚換えでしかも玉の硬さが段違い。すでに実戦的に勝ちづらい局面のように見えますがここでふらふらっと▲5九香と打ったのが敗着。
すかさず△4六歩と突かれ、攻めが切れない形にされてしまいました。
もどって上図で▲7六角と攻防に打てば8九金から龍を捕獲する筋もみせて、もう一勝負といった形勢だったようです。



本戦で負けたものの西日本大会の出場権を得ました。初ということもあり何気に嬉しかったです。あれ、四段そこそこの棋力だと予選個人のシード権を持ってるかどうかが結構でかいんですよねー。


さて喜びもつかの間時は過ぎ、工学部の院試の翌日に個人戦が行われるというありがたいのかありがたくないのかよく分からない日程のおかげで、研究はおろかろくに将棋さえ指していない状態で大会に突入することとなりました。


<西日本大会個人戦予選>
駒を持つのも個人戦本戦ぶりということで正直予選2連敗も覚悟していたのですが、すんなり負けるのもわざわざ遠くから指しに来た人に申し訳ないなということでそれなりの棋譜にはしようと思っていました。

予選一局目は相振りで九州大の方に勝ち。とりあえず午前中に終戦することはなくなり少しほっとしました。
予選二局目は同じく相振りで徳島大の方に負け。良かれと思って突っ込んだ変化があまり芳しくなく、いいところなく敗北。

本戦通過をかけた予選三局目は愛媛大の方。三間穴熊vs袖飛車穴熊で作戦負けにしてしまいましたが、角損覚悟の無理攻めがなんとか通って勝ち。秒読みでのクマ対決は多少無理でも攻め続けたほうが勝ちやすいですね。
後日こっそり愛媛大学の日記を覗いたところ、なぜか僕が強い人であるという情報が対戦相手に渡っていたらしく、その信用に助けられた部分もあるかもしれません。半年前キリン団体での愛大戦、2-2で残った最終局持ち時間自分9秒相手3秒での指し直し局が印象に残っていたのかな?(なおその対局は壮絶な時計叩き合いの末、4秒差で無事勝利しました)


<本戦第一局>
出来上がった本戦決勝トーナメント表をみたところ、ベスト16の左の山が8人中5人京大生で何やこれはという感じでしたが何はともあれ一局目、相手は名工大のY氏。
彼とは確か東海三県将棋大会で一回指したことがあると思うのですが、おそらく忘れさられていることでしょう。



後手だったので四間穴熊の千日手狙い戦法を採用したのですが、普通に打開され攻め込まれて迎えた上図。すでに双方30秒将棋となっています。後手陣は崩され穴熊ならぬ穴ミミズのような陣形ですが、ここで攻防とばかりに△44角と打ったのが敗着級の一手。仮に銀が手に入れば先手玉に詰みが生じるのですが、実はここで▲93銀!が必殺手で一手必至でした。
実戦は▲55銀△71金▲同龍以下難を逃れ、数手進んで下図。



普通に72金でも良さそうでしたがこの瞬間はZなので△87香から寄せに入りました。以下▲同銀△88龍▲同玉△77金▲同桂△58飛▲78香△77角成▲同玉△65桂▲88玉△77金▲97玉△55歩と進んで下図。これでだいたい勝ち…の予定が普通に▲89金と受けられて焦りました。



以下△88銀▲同金△同金▲同玉△77金▲93玉△78飛成▲同銀。ここで△95歩と突けば明快に勝ちだったのですが、実戦は83から抜けられるルートが一瞬見えてしまい△同金としたため▲99角で分かりやすく一手負けに。しかし相手の方も見落としがあったらしく最後はトン死で辛くも勝利しました。

<2日目・本戦第二局>
新しく出来上がったベスト8の左の山は4人とも京大生でさらにもまして何やこれ状態となりました。西日本大会という名を借りた部内戦ですね。
さて相手は1回生の酒向君。見るからに強そうなオーラを醸し出しているなと勝手に思っていたのですが、期待の若手枠としては簡単には負けられないところです。

事前に何指すのと軽く聞いてみたら居飛車ですかね~と返ってきたのでほうほうと思っていたら、まさかの78飛戦法。予想の斜め上でしたがとりあえず相振りにして互いに攻め合い迎えた下図。(僕後手)



ここで△17桂成は▲同桂で▲36桂の両取りが後々残るのが気になり、△18銀ととりあえず打ち込んだのが悪手。以下▲46角△35桂▲79飛と進み攻め駒が渋滞してしまい、対して後手陣は桂頭からの攻めが当然とはいえ厳しく劣勢となりました。
実際は△17桂成に、▲同桂には△26歩として△66飛の展開を見せ、▲同銀には△18銀~△35桂と駒を足す感じで攻めればまだましだったようです。


というわけで後輩に花を持たせてベスト8で敗退…ということになりましたが事前の期待値に比べればそれなりに進めた方ではないでしょうか。
なお酒向君が佐藤君に勝利したところで台風接近により決勝戦が中止となり、文字通りこの日は部内戦だけ行われる形になりました(笑)




思えばこの3年半、本気で将棋に対して向き合ったかと問われると素直にはいとは言えない自分がいます。
あまり自分語りをしたところで誰も興味ないと思うので軽くにしておきますが、少し将棋に対する関わり方で悩んでいる部分もありました。

京大将棋部でレギュラーとなるには六段相当の棋力が必要であり本気でこの差を埋めるための努力をするためには、他のことを犠牲にする覚悟をもたなくてはいけない。だがせっかく大学に入ったのだから他のこともしたい、また頑張ったところで人生を将棋にかけていた人たちには勝てないのではないか、さらには人生という大きなゲームの中でこの時期に将棋を頑張るという選択が大局観的に正しいのか、果たして将棋を自分なりに極めた先に満足できるものがあるのだろうか。ごちゃごちゃ考えているうちに四段程度の棋力のまま推移し、脇役として将棋を見ているだけなのは嫌な性分の癖に、常に全国優勝を狙いかつ狙えるチームで勝ち数も軽視できない中にあって、客観的に自分が出ないことが優勝を目指すうえでの最善手と分かっている状況が耐えられず一軍戦からは離れてしまいました。

いろいろもったいぶって理由をつけてみたものの結局僕自身の向上心が足りなかったという話です。覚悟さえあればキャパは作り出せるものですし、ウォーズやクエストは普通に指しまくっていたので単に真剣に将棋に向き合ってなかっただけなのかなと今は思います。期待してくださっていた先輩方には申し訳ないなと思いますが、後輩にはあれこれ考えずに目の前の勝負を純粋に楽しんで欲しいですね。
こういうことを言うとお前が言うなよといろんな方面から総ツッコミが来そうですが、コミュニティーには活動としてと安心できる場所としての2つの側面があると思うのでそのどちらでも京大将棋部が日本一になるといいなと願ってこの辺で筆をおきます。



PS. なんか思っていたのと違う日記になりましたが、とりあえずまた上映会よろしくお願いしますねD哲さん

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。