プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ。日記を書こう。

どうも、新入生の細川です。なんでこんな時期に新入生が日記書いてるんだ、とか言わないwwまあでも初めてなんで、この一か月の振り返りでもします。

まず自己紹介。灘卒、ということで初めて部室に入ったときは「長屋氏の後輩」といわれました。なんか複雑です。コネがあるのは楽ですが、変なプレッシャーが・・・。棋力は四段で、玉を飛車側に囲う党。個人の最高成績は・・・ないですね。強いてあげるなら、高2の時のアマ王将くらいか。でも全国は遠かったです。

振り返ってみると授業終わった後はほとんど部室に行ってました。あと将棋部らしくてなんか安心しました。いや~人多いですね~。そしてちゃんと将棋してる(ここ重要)。超落ち着きます。中高と大学でここまで違うのか。それと新入生も結構いますね。ほとんど理学部ですが(私も)。三段クラスがいるのは私的にはうれしいですね。灘の時は同級生ほぼ0でしたし。この調子なら1回生だけでキリン出れるかな・・・?今新歓中ですがこれ終わって、のちに私が実は1回生でした、という状況になんかなりそうで怖いような?杞憂かもしれませんが。

学生名人の関西予選がありました。結果的に抜けたのは・・・twitterのほうで見てね、というのもひどい感じがするので敬称略で柴田、林、村上、綾部、私でした。中には不戦敗の人もいましたが、相手の方にも運営側にも失礼なので、行ってあげましょう。とここで諭すのは間違ってる気が・・・
簡単に解説。全部先手。1局目振り飛車左玉。相手がミスって余裕ゲーに。
2局目同上。途中金損で相手歩切れ主張があまり効いてない状況に。しかし、相手が攻め間違えて、こちらの完全受けきりに。以下攻め合い勝ち。じつは2時間25分かかった。
3局目。四間対準急戦。その5分後に指すという。飛車交換になったがわけわからん状態で不思議な手を指し、結果的に勝着じゃないか説まで浮上するというツキを見せる。それでも攻めがおかしくやばそうでしたが、終盤で攻防の△8四角取りの▲8二竜に△8三歩が悪手で一気に寄せきりました。最後はきれいな必死で気持ちよかったです。

途中が箇条書きみたいでなんか読みにくい感じがしますね。う~ん。
まあこんな感じで、基本的に週一ペースで書いていこうと思います。リンク、および盤面は貼らない(貼れない?)予定です。次回は新入生紹介をする予定ですが、ここで初めて言ったので、新歓コンパのときに了承を得て、そののち書く予定です。なので、新歓コンパ来てほしい。あと、行く人はメールか木曜に部室に行って行く旨を伝えましょう、ってここで言って誰が見るのかな?意味あったらいいな
スポンサーサイト

電王戦 FINAL ~la fin,n’est-ce pas?~

第五局。就活イベントから帰ってみたらこのあり様。ツイッタ―とかでいろいろ言われているらしいが私も一言言いたい。

巨瀬さんはなぜ投了したのかがわからない。プログラムミスがあったから投了したわけでもないし、28角打ってしまったら反則だから負けだと言うわけではない。ネット記事には9割勝つとか書いてあるけど、1番勝負でその9割勝つのが大変だと言う事は奨励会という勝負の世界にいた以上分かっていると思う。以前、将棋世界のイメージと読みの将棋観で永瀬先生も羽生先生に角落ちで勝負しても1番勝負なら勝てるか分からないとおっしゃってました。それが勝負というものです。

私個人は、元奨励会員であるからプロに対して尊敬を払ったのであろうか、と考えました。もちろんあの局面でプロ同士が指せば9割以上先手が勝つと思います。しかし100%負けではない。99%勝ちでも100番さしたら1番は負ける。ましてや人間はミスをします。森下先生は継盤ルールによって、大きなミスをしなければ人間もコンピューターと対等に戦える事を示しました。しかしあれは待ったしているのと同じことなので、本来の頭脳の勝負とは言えません。

二年前にGPS将棋に三浦先生が負けた時、私は既にトップ棋士でもコンピューターには勝てないと思いました。(詰みなし、詰みなしって最初から言っている人が3人もいるとかかなわない)前回も今回もパソコンのスペックを制限するなどのハンデは付けられています。前回はそれでもなかなか勝てなかったのですが、今回は人間側が勝ちという事に収まりました。それで幸せなのだと言う事で私は落ち着いています。
大事なのは幸せだと言う事。将棋連盟にしても、視聴者としても、ファイナルと名をうちやった以上、満足のいく結果でないといけなかった。人間側が勝った方が、コンピューターとしてもまだまだ改良の余地があるということになるし、プロ棋士の面子も潰れない、皆がハッピーだと言う事です。

くどくど書いていますが、故意の投了はしてほしくなかった、それだけですね。別にコンピューターを全駒にしても電王手さんは悲しまないし、恨むこともないし、殴っても来ない(そういう機能があったら怖いけど)。9割勝ちが勝ちではないのが勝負の世界です。人間は対局中将棋以外のことも考えます。昼飯の事、夕飯の事、会見で何を言おうかなど・・・。そういうあまり将棋に関係ないことを考えていることが、勝負に少なからず影響するものです。阿久津先生がそれらもふまえて、勝率9割をくぐってきてこそ、勝利としてふさわしいと思います。

自分はもうぷぅ~な棋力となりましたので、就職先が決まってももう棋界復帰はできないかもしれません。今は就職活動に全面的に専念するべきですね。文章書くのも勉強なんで一筆書かせてもらいました。












第18回学生将棋選手権個人戦優勝記!!

こんにちは、新2回の林です。
先日行われた学生将棋選手権の団体戦と個人戦に出場してきました。
団体戦は奮いませんでしたが、個人戦では優勝できました!!
長文になりますが、団体戦から振り返ってみたいと思います。
(フラ盤の掲載方法に手間取ってかなり遅くなりました、すみません・・・)

・1日目
団体戦は京都大学Aで出場。
メンバー的に優勝を目指すチーム。
せっかくこのチームに入れてもらったのだから、頑張らないと、と意気込んだのですが、チーム成績4勝1敗で、得点差により、上位4チームのプレーオフには進めませんでした。
何より酷いのが、個人成績2勝3敗、戦犯もくらいました。
2月に大会復帰してから、早くも戦犯3回目…
全く力になれず、申し訳なかったです。

ちなみに、京都大学Bはプレーオフに残った模様。

大会終了後は、戦犯代表ということで、参加する予定はなかったのですが、将棋関係者の飲み会に。
すごい参加人数でしたね。
その抽選会で、1万円を引き当てて、思わぬ収入が入りました。(笑)
こんな運があるなら、勝ち運ももう少しあってくれよ・・・と思いましたが。(笑)


・2日目
この日から個人戦。
高校生と小学生と当たりましたが、予選は難なく突破。
個人戦予選と併行して行われた団体戦プレーオフで京都大学Bは3位入賞だったようです。
おめでとうございます!

昼からは、本戦トーナメント。
一回戦は、東京大学の方と。
序盤自信なかったものの、難なく勝利・・・と思い詰ましにいかず安全勝ちをしにいったら、こちらの玉が詰んでる!!
これで終わりとか早すぎだろ・・・と思ってたら、相手が逃してくれて、ホッとしました。
薄氷を踏む勝利でした。(-_-;)

二回戦は、立命館大学の方と元奨対決でした。
頓死をくらいかけたところにやめてくれよ・・・という感じでしたね。(笑)
自信はなかったものの、終始こちらのペースだったと思います。
寄せは危なかったと思いますが、勝利。

三回戦は、中学生でしたかね。
相手の序盤のミスを突いてペースを握り、あとは攻めをいなして勝ち。
大学生らしく老獪にさせたと思います。(笑)

四回戦は、一橋大学の方と。
自信はありませんでしたが、勢いよく仕掛けていってペースをつかめました。
これもなんとか勝利。
ベスト16へ。


・3日目
久々に関西将棋会館で対局。
こんなに早くこの場で対局する機会に恵まれるとは思ってもみませんでした。

一局目は、熊本大学の方と。
駒組みでは自信がなかったものの、相手の軽率な手を咎めて、よくなった。
しかし、終盤の入り口で大きなミスがあり、逆転されていたと思う。
またこの負けパターンか・・・と負けを覚悟しました。
しかし、秒読みの中でよくわかっていないうちに、再逆転。
最後は即詰みに討ち取ることができました。

二局目は、京大対決。
ここで当たったのは、かなり痺れました。(笑)
ちなみに、記録係も京大生でしたね。(笑)
将棋は、序盤に軽率な手から、ちぐはぐな手順を指してしまう。
仕方なく軽い攻めを敢行したが、対応ミスに助けられペースを握る。
そのまま寄せきった・・・のかは微妙ですが、なんとか勝ち切りました。
ここでベスト4進出。

前日、先輩にベスト4までいってほしいということを言っていただいてて、その目標を達成できました。
ただ、ここまでくると優勝の二文字はちらつきますよね。(笑)

昼食は、久々の福島駅ということで、よく行っていた中華料理屋に行きました。
昔、先輩にすすめられた定食を堪能。
学割がなくなってたのは残念でしたが・・・

いよいよ準決勝。
ここまで進むとは思っていませんでしたが。(笑)
相手は、中学生でした。
ここまで勝ち進む中学生は、なかなかの手練れだと気を引き締めました。
ただ、同時に、まだ中学生には土俵を割りたくないとも思いました。
将棋に年齢は関係ないとしたものですが。
将棋は、模様的に作戦勝ちに。
よくする方法を苦悶して模索していたのですが、思ったよりよくならず、むしろ欲張りすぎて失敗した感がありました。
ただ、相手の手も難しかったように思います。
甘い手に付け込んで、一気に捌け形に。
終盤入口から投了までは読み筋通りで、調子は充実しているなと感じました。

いよいよ決勝。
相手は学生名人も取ったことのあるアマ強豪。
さすがに優勝は・・・という気持ちもよぎったことは否定できないです。
ただ、せっかくの機会なので教えてもらおうと思いました。
あと、将棋は自分から崩れなければ難しいはずなので、優勝への希望は捨てていませんでした。
将棋は、後手番を引きましたが、早々と千日手になり先手番を得ました。
千日手指し直し局は、相手が積極的に動いてきました。
自信はなかったですが、気合負けしないように指しました。
よくも悪くも自分らしく指せて、勝利できました。
記譜を載せておきます。





かくして、優勝を飾れましたが、今回の大会はいろいろありました。
団体戦では活躍できず、個人戦では頓死をくらいかけたり、苦しい将棋をなんとか勝つことができたり・・・
こうして振り返ってみると、今回の大会はツキが大きかったように思います。

勝った直後は優勝は実感できなかったのですが、祝福の言葉をいただいたりしてるうちに、優勝してしまったんだなあという気持ちが湧いてきました。
こんな言葉を使う立場になるとは思ってもみませんでしたが。(笑)

ただ、この地位と今の実力には大きな溝があると思います。
元奨4級の実力ではお察しという感じですしね。(笑)
ですので、この大きな溝をこれから埋めていけるようにしたいと思います。

また、大会が終わってから考えていたのですが、団体戦で結果が残せない理由として、他人の将棋に気を取られすぎていて、自分の将棋に集中できていないということが挙げられると思います。
自分が負けても他の人が勝ってくれるんじゃないかという甘えもあったと思います。
当然のことですが、眼前の一局に集中するということに心掛けてやっていきたいです。

ではでは、長文失礼しました。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。