プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春期一軍戦

┌──―┬───┬───┬───┬───┬───┬───┐
│ 京大 │龍谷大│市立大│大阪大│同志社│立命館│ 成績 │
├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│  乾  │桜田●│楠本○│─┼─│村松○│高山○│ 3-1 │
├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│  轟  │─┼─│藤原○│─┼─│─┼─│─┼─│ 1-0 │
├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│高橋  │片山○│─┼─│中川○│杉山○│上田●│ 3-1 │
├─―─┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│馬場  │野口○│─┼─│久下○│山下○│白川●│ 3-1 │
├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│橋詰  │小林●│─┼─│田代○│─┼─│鈴木○│ 2-1 │
├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│山田  │吉本○│高橋○│飯野○│木村○│クボタ○│ 5-0 │
├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│柴田  │村上○│ 中 ○│平尾○│野田○│工藤●│ 4-1 │
├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│宮越  │─┼─│宮地○│─┼─│吉川○│─┼─│ 2-0 │
├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│金谷  │増田○│田中○│高木○│三宅○│山田○│ 5-0 │
├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│西浦  │─┼─│西岡○│岩田○│─┼─│─┼─│ 2-0 │
├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│成績  │5─2 │ 7─0 │ 7─0 │ 7─0 │ 4─3 │ 30-5│
└───┴───┴───┴───┴───┴───┴───┘
スポンサーサイト

一軍戦一日目

終わってからまとめて振り返ろうかとも思ったのですが一局目があまりにお粗末すぎたので書きます。正直振り返りたくないですが^^;こちら先手です。
2013-06-10a.png
ここで定跡は△42金右ですが△22玉だったので▲45歩と仕掛けて指しやすくなりました。
2013-06-10b.png
相手の手まで逆用してここでは先手必勝。この局面で思考が停止しました。ここで▲65歩なら指す手がなかったと思います。本譜の▲55銀でも悪くはないと思いますが△85桂▲86銀△66歩と相手に手段を与えただけ損でした。ただそこで▲68歩とじっとしておいて(▲同銀は△65歩▲55銀△25銀▲同歩△66桂)何があるかは分かりません。
2013-06-10c.png
▲44歩と打って△同金は▲24角で取れば詰みなのでふー勝った勝ったと思ってたら香で取られたのがこの図。▲43銀でどうやって受けんねんと思ってたら△42金とされ3筋に歩が打てるのも見えておらずダメダメでここからパニック。以下本譜は▲32銀成△同金▲43銀△31歩▲32銀成△同歩▲43金△42銀でしたがそこで▲同金△同歩▲43歩なら勝ちだったと思います。本譜は▲32金△同玉▲43歩と意味不明におびき出して下図。てか▲43歩とか載せる図面選んでるときに瞬間で見えたのに・・・このときは完全にぶっ飛んでますね
2013-06-10d.png
△25金に▲53龍で詰んだと思ったら△同銀▲同飛成△32玉と引かれて終了。馬がよく効いていてこの局面ではもう逆転してると思います。

というわけでこの負けはかなり堪えました。二局目はお休みで三局目は勝ったんですが大して見所がないの省略します笑 よくなったときこそ腰を落とすのが大事だと何回も聞いているし分かっているんですけど実践するのはなかなかむずかしいですね。ちょっとの気の緩みがだんだん大きくなってこういう結果になったんだと思います。

来週はいよいよ勝負ですね。主将ではないのでこういうこと言うのもなんですが来週で決めましょう!

がくめー

 いやー。一瞬で負けました。弱すぎて泣けます。1回戦で負けるにしても負け方ってもんがあるだろって感じなんですが、内容も最悪でした。何のために東京行ったんだってかんじですが、少しでもためになるように反省をしたいと思います。

 僕先手となり一手損角換わりに。
2013-06-04a.png

いきなり見たことない手が。▲46歩~▲37桂としたいところですが、▲46歩には△45歩と突かれてしまいます。というわけで▲37銀としました。細かいことですが、棒銀にするつもりがないなら銀は48に上がったほうが得かもしれません。
このあと後手は△42飛から力戦振り飛車模様に、こちらは銀冠に組む展開に。普通に指してたら作戦勝ちになるから動いてくるんだろうなーと思っていたんですがノータイムで組み合ってきて次図。
2013-06-04b.png

こちらは充分形なのであとは打開するだけ。というわけでこの形のセオリー通り▲48銀と引きました。対して△46歩には▲同歩△同飛▲15歩と対応するつもりでした。
2013-06-04c.png

もう一歩持っていれば▲65歩△同歩▲64歩△同銀▲37角△44飛の時に▲64角と切る手が利く、という意味です。▲15歩に対しては△49角もあり、▲47歩△41飛(△36飛は▲37銀△35飛▲18角)▲14歩△16歩▲37角というかんじでどうかと思っていました。こういった展開を読んだうえで▲16歩と突いたわけですが、ノータイムで△14歩。このあたりでは完全に相手を見下していましたね。でもこういう精神状態がよくないですね。
本譜は▲48銀に対して△54歩▲57銀と進行。次に1,5,7筋を突き捨てて打開する手段があるので△44銀と出てきました。進んで次図。
2013-06-04d.png

当然ここでの▲55歩が厳しく先手良しに。最初は△46歩▲同歩△同銀▲同銀△同飛▲54歩△49飛成でなんか自信ないなーと思っていましたが、▲54歩に代えて▲48歩と打っておけば後手は指す手がありません。本譜は△44飛と浮いてきましたが、▲41角の筋が見えてない雰囲気。以下▲54歩△同飛▲75歩△39角で次図。
2013-06-04e.png

ノータイムで△14歩と突かれたあたりから、こんな人と指してもしょうがないとか、この人ははっきり格下だとかいらんことを考えまくっており、この局面ではもう完全に面倒くさくなっている状態。この局面では▲55歩と打てば負けようがないんですが、さっさと終わらせようと思い▲38飛と指しましたが敗着。以下は粘りが利きづらくなり、最後に角をタダでプレゼントするポカをやらかして負け。ひどすぎました。

この将棋、敗着自体は▲38飛ですが、この手の善悪以前に精神状態が敗因になったことは間違いありません。ノータイム指しの人とやるとよくこういう精神状態になるのですが、はっきり言って将棋を指す者として失格ですね。今月の将棋世界に内館さんが書いておられますが、将棋を指す以上は相手が誰であれ、相手を敬う気持ちを持って然るべきです。今回の将棋は負けるべくして負けたんだと思います。

というわけであっさり負けました。が、精神的な面で学んだことは大きいと思います(そう思いたい)。この経験が無駄にならないようにこれからも精進していきたいと思います。

・・・なんてかっこつけて書いてみましたが、やっぱり悔しいよー(泣)

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。