プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士通杯アルバム

富士通杯の写真です。
1回戦、2回戦ごとに区切って時系列で載せていく形式でいきたいと思います。

~1日目~
P8130519_convert_20110828002451.jpg
会場の外観。富士通の建物です。

P8130520_convert_20110828002116.jpg
大会開始前。ここから熱い戦いがはじまります。

1.岡山大学戦
P8130522_convert_20110828002651.jpg
全体の様子の写真。大事な初戦だったが2-3で負け。

2.東北大学戦
大将・山岸の「僕先手!」の写真がブレブレで、他にもいいのがないためカット。

3.東京大学戦
P8130535_convert_20110828002836.jpg
対局者の様子ではなく控室の様子。左から二番目が実家からきた武本。

4.早稲田大学戦
こちらもいい写真がなくカット


‐オフショット‐
P8130536_convert_20110828002902.jpg
この日勝ち星なしの橋詰に対してご指導をする山田。
P8130534_convert_20110828002808.jpg
関西から運営の助っ人に来た理事二人。大会を通じてお仕事してました。
P8130531_convert_20110828002733.jpg
ピカピカに磨いた二の腕を見られてニヤける横藤。ちなみに唐子Tシャツを着て全国の人に唐子アピール。

~2日目~
5.立命館大学戦
他が手薄なかわりに立命戦は多く。
P8140539_convert_20110828002927.jpg
オーダー表交換。
P8140542_convert_20110828003315.jpg
大将戦。大将席には馬場。
P8140543_convert_20110828003133.jpg
副将、三将戦。右から杉野、柴田。
P8140540_convert_20110828002952.jpg
四将、五将戦。右から横藤、山田。

6.福岡大学戦
P8140550_convert_20110828003432.jpg
大将戦。相手校エースに当たる橋詰。棋譜取りは山田。
P8140552_convert_20110828003503.jpg
終局後の感想戦の様子。京大勢が取り囲む。

7.名城大学戦
P8140556_convert_20110828003659.jpg
こちらも大将・橋詰、棋譜取り山田の写真。

P8140557_convert_20110828003755.jpg
これは三将の杉野の対局の写真。
P8140563_convert_20110828003823.jpg
試合終了後にオーダー表に書き込む主将・杉野と、談笑する山田、柴田。

8.北海道大学戦
P8140572_convert_20110828004628.jpg
8回戦目にして初登板の西村。将棋は快勝。

‐オフショット‐
P8140545_convert_20110828003350.jpg
大将戦の棋譜を打ち込む関西理事のぬるちゃん。隣は実家からスーツで来てた寺岡。
P8140581_convert_20110828004657.jpg
京大の不甲斐ない成績が書かれた紙を見て渋い表情をするこの時点で暫定勝ち頭の山岸。

~3日目~
9.信州大学戦
P8150586_convert_20110828004735.jpg
最後は信州と。

P8150587_convert_20110828004825.jpg
対局前の大将席。みなさんニコニコしてますね。

P8150589_convert_20110828004848.jpg
最後を飾るのは立命館ー早稲田戦の2-2で残りひとつの対局にギャラリーが集まっているクライマックスな様子。流石に人が多すぎて対局者が見えない...

という感じの3日間でした。
これで会場の雰囲気が少しでも伝っていただければ幸いです。

明日から将棋部合宿ですね。みなさん楽しんできてください。
スポンサーサイト

富士通杯 2

初参戦の富士通杯行ってまいりました。富士通杯前の研究会で優勝して、調子はまあまあで迎えることができました。

0日目
18切符組は西村さん、ネギさん、カステラさん、山田さんと僕。9時間ぐらいかかるというのは事前に聞いていたので、ふーんと思ってましたが、列車と生身で衝突するという、まじ、どうしてそうなった的な信じられない人身事故を起こした英雄さんのおかげで、2時間停留+電車こみこみ。電車に乗ってるだけで体力くっそ消耗。これは将棋まじめにやれる雰囲気ちゃうわって感じで、不安な滑り出し。

1日目
前日の体力消耗のおかげで、爆睡できて意外にも調子よさそうな予感。こうして始まったわけですが、今回は自分で事前に目標を立てていました。題して『キョンタの3ヶ条』(笑)
①穴熊はやらないこと。ただし、中盤あたりで相手が指す手ないからということで組み替えるのはあり。
②戦型は毎局変えること。
③どんなえげつない当たりでも最低勝ち越すこと。
急にこんなことを言い出したのは、ただ淡々と指しているだけではせっかく東京まできた意味がないので、もちろん結果は出しつつ、次につながるような将棋を指したいと気まぐれで思ったからです。まあそんなこんなでスタート。

1戦目 岡山大 あいてのかたのなまえわすれましたー戦
僕後手で石田流をされたので2枚銀始動。
sakuzu[1] (7)
△72飛と寄ったところ。実戦経験はありませんが、ここまでは普通ですかね。ちょっと▲77角が早い気もしますが。ここで▲56銀は△74歩でおそらく後手良し。▲77角を生かす意味で、▲46歩を中心に読んでいました。本譜はいきなり▲65歩。これにはある手が見えたので大丈夫と思っていました。以下、△77角成▲同桂△82飛▲85桂と進んで次図。
sakuzu[1] (8)
ここで△72銀と引きました。これが▲86飛~▲73桂成に△同銀を用意した一着で、たぶん良くなったかと思いました。以下はひたすら受けに専念して全駒ペースで勝ち。

2戦目 東北大 浅野戦
いよいよ強敵が登場。僕後手で先ほど2手目△34歩だったので目標②のためにも今度は△84歩で。先手中飛車対角交換型へ。△86歩と仕掛けて多分良くなって図。
sakuzu[1] (9)
最初のつまづきがこの局面。今、△33銀に▲66角と引いたところ。特に深く考えずに△87歩成としてしまいましたが、△75銀ぐらい見えるようになっていただきたいものですね。以下も熱戦が続きましたが、最後はピッタリ詰まされて負け。投了して初めて自分が汗だくになっていることに気づき、ちゃんと集中できたし負けたけど内容もまあまあだったわーと思っていたのですが、反省会で疑問手ばっか指していることが判明。まあ僕はそれでも満足してますが。

3戦目 東大
疲れたのでおやすみ。

4戦目 早稲田大 溝上戦
またも強敵登場。しかもまた僕後手。んで初手▲56歩。あ~目標②が~。ってことで仕方なく相振りに。相振りは結構自信あったのですが、指すたびにひどい目にあうのでもう一生指さねえと思っていたのですが・・・。
sakuzu[1] (10)
今、▲56銀としてきた局面ですが、先手は攻め味に乏しく、やや後手作戦勝ちだと思います。余談ですが、昔本に、「いくら玉が固くても攻め味がなければ無防備と同じ」と書いてあって、なるほどーと思ったことがあります。現代の将棋はこのことを完全に忘れ去り、アホみたいに玉をガチガチにするのが流行っているので、いっちょそれを崩したろかと思ったのが目標①を立てたひとつのきっかけでした。しかも手数かけたわりに後手玉の方が固く見えるのは僕だけでしょうか。何も考えずに穴熊に潜るとこういった最悪の事態を招きかねないので、とりあえず穴熊という現代の風潮に大反対なわけですよ。まあカモが増えるのはいいですが(笑)
それはさておき、本譜はここから△31角▲86角△55歩とさらっと銀得になり、怪しくはなったものの逃げ切り勝ち。格上に勝てたのは大きな収穫でした。

2日目
3ヶ条全部制覇中だったので、この流れでこのままいきたいところ。

5戦目 立命 小林戦
またまた強敵と。僕後手。角道を止めて矢倉にするのもありましたが、「大事な勝負だからといって、得意型に逃げてはいけない」という羽生先生の言葉を思い出し、堂々と角換わりを受けることに。さっそうと△65銀とぶつけて次図。
sakuzu[1] (11)
▲58金には即△39銀が成立し、このまま組み合えばもろに先手一手損を咎めてる気がしていい感じと思ってましたが、ここからすごいことに。図以下、▲56銀△62飛▲77桂!△54銀▲65銀!!まさかの仕掛けでしたが、意外と難しくて驚きました。難解な局面が続き、次図。
sakuzu[1] (13)
ここまではうまく指せていたのですが、ここで思いっきりずっこけました。本譜は△64桂と打ち、▲84馬△56桂▲同歩となり、あっという間に後手が勝てない流れに。ここでの正着は△27桂。居飛車党なら第一感でここに手が伸びるというところです。敵玉を直接攻められないときはB面攻撃なんて相居飛車の基本中の基本ですが、これが見えもしていなかったのだから完全に修行不足でした。ちなみにこの手は、局後西村、山岸の御二方に指摘されたもので、さすがだなーと思いました。ただ、次回以降はこういう手も見えるようになったと思うので、そういう意味で意義ある敗戦だったと思っています。勉強になりました。

6戦目 福岡大 岡部戦
敵は立命の工藤君に一発入れている強者。気を引き締めて僕先手。まさかのY藤システムをされましたが、お互いに序盤がぬるく、難しい中盤戦に。
sakuzu[1] (14)
74の歩を狙って△62銀と引いてきたところ。ここまでずっと自信なしでしたが、この△62銀を見て、初めていけるかもと思いました。図以下、▲55歩△同歩▲45歩△同歩▲77角が、とりあえず見た目はいい感じの仕掛け。△12玉ならよくわかりませんでしたが、以下△76歩▲同金△51飛と2手連続で後手に疑問手が出て先手ペースとなり、最後は自玉の不詰めを見切って必死をかけて勝ち。最後まで熱戦で、いい将棋でした。
この日は残り2戦切ってもらって観戦+検討にまわりました。

3日目
いよいよ最終日。ここで負けると目標③が達成できないので、なんとしても勝ちたいところ。

9戦目 信州大 あいてのかたのなまえわすれましたー戦
僕後手。とにかく積極的にいこうと思っていたのでカニカニ銀採用。一方的に攻めてドカーンって感じで勝ち。

というわけで個人成績は4-2。ひとまず目標は全て達成できました。将棋の内容も満足できるものが多く、とても充実した3日間でした。チームは残念な結果に終わりましたが、今回のことを生かして、次の団体戦ではチームを支えられるぐらいになりたいと思います。また頑張りましょう。

富士通杯

 二年目の富士通杯。今回もテストが11日まであったので調整はほとんどなし。しかし去年みたいな成績になるのだけは嫌だと思ってたので、自分なりに序盤の研究だけはしていました。しかし・・・

 一日目
 一局目 岡山大 対宇津野戦
序盤の研究だけというのが今回の大会の敗因です。詰将棋も解いてたんですが終盤は間違えるようにしか指せないという感じでした。まずは下図
1.png
相手が▽24銀~▽33銀と千日手調に指していたところです。先手なので▲66歩から突っかけ、以下▽62飛▲65歩▽同桂▲同桂▽同銀▲69飛▽68歩▲同飛▽86角▲88飛▽77角成▲84飛で上手く捌いたつもりでした。
2.png
 相手が▽54銀と指したところ。ここから▲66歩はぱっと見ですが、実戦的というか正解は▲51角だと思います。以下▽69飛成しかないですが、そこで角を切って飛車を成れば良かったようです。▲66歩は悪い手でなくそれでも勝ちでしょうが▽67歩と垂らされて嫌な雰囲気となりそのまま負け。序盤はうまく指していたのに負けるときつくそれをずるずる引きずりそのまま指している一日でした。終盤の弱さより精神的に駄目ですね。チームが2-3で負けて戦犯になりありゃ~。しょっぱなからやらかした~。ってかんじでした。

 二局目 東北戦 対杜戦
図面だけのっけます。ここから負けました。チームは3-2で耐え。チームが頑張ってくれたので運が良かったみたいです。
3.png
 
 三局目 東大戦
上の図から負けたので頭冷やすために自分切り。オーダーはうまくいったが2-3負け。しょうがないです。

 四局目 早稲田戦 対板谷戦
これも図面だけのっけます。ここから負けました。チームは2-3で戦犯。悪魔がとりついているように間違えまくりました。キョンタが溝上君に勝っていたのに残念です。
4.png

 ホテルに帰ったら茫然としていました。精神的に消耗しており、自信というものがなくなりました。
 
 二日目 
 五局目 立命戦 対中川戦
 相手が相手なので気楽に指してました。手も足も出ず負けた感じでしたが、昨日よりもいい将棋だったと思えました。チームは0-5でした。格の違いですね。

 六局目 福岡戦 対新戦
 中川君相手に気楽に指していたのがよかったのか、ここからは自分らしく指すことができた気がします。相手の一手損角換わりから早繰り銀で初勝利。チームは4-1で久々に勝ち。

 七局目 名城戦 対室田戦
 相手のゴキゲンの超急戦回避32金型で、途中大変でしたが何とかまくって勝ち。チームは柴田君が吉田さんに勝ち5-0勝ち。

 八局目 北大戦 対石田戦
 相手のうそ矢倉に急戦を仕掛けてそのまま勝ち。スイープの後でしたがチームは4-1勝ち。ジンクスは破れたかと思っていたんですが・・・一日遅れでこのジンクスがやってくるとは夢にも思いませんでした。

 その日はすぐ寝ました。最後勝てば去年より順位が上になれそうなので、頑張ろうと思いました。

 九局目 信大戦 対前田戦
 原田君がいないのでおそらくは向こうのエース。負けると負け越しなので、負けたくない気持ちも強かったです。相手の横歩取り84飛型に59金型を指してみたところ技を一発喰らってしまったが、その後相手のミスがあり逆転勝ち。しかしチームは2-3負け。勝ってれば勝ち数の関係で4位だったようです。結局6位に終わりました。

 去年と変わらずふがいない結果に終わったのは、主将として責任があると思います。個人的な成績もそうなんですが、優勝の目がなくなったとはいえ、チームの士気を保てなかったのがいけなかったと思います。役職の主将としては大きな勉強になりました。

 四回生の方々にも奮闘していただきありがとうございます。もし来年以降この大会出ることが出来たら、優勝争いをする大会を盛り上げる京大として頑張りたいです。他のメンバーもお疲れさまでした。

 寺岡さんには事務面でいろいろ助けてもらいました。武本さんもわざわざ来てくださりありがとうございます。

 とりあえず夏は終わりました。また秋季大会に向けて頑張りましょう。

交流戦

今日は立命さんとの交流戦でした。
前回はおそらく1年半ぐらい前だった気がしたのでそう考えると久しぶりなのですかね。

立命館は京都の西方にあるので遠いだろうと思いましたが自転車で30分ぐらいの距離なんですね。
暑い中自転車で移動し余裕をもって大学に到着。

特に持ち時間は決めていませんでしたが30分40秒の3局指しにすることに。


一局目は着席するときに何となく自分は座らない感じになり、立命の秦くんとペアを組み上田・川口ペアとペア将棋。ゴキ中ー超速の△3二金型で▲5五歩とふたをし、その後▲1八飛打という変化。難解でした。

昼は立命の学食に案内してもらう。レシートやら味やら生協の食堂は似てますねー。

午後は2局指し、お開きに。
盤外のことでいえば高校野球をワンセグで観戦し盛り上がっていたのと、かたなしくんがいつも通り色のそろってない靴下を見せつけて、椅子三席にまたがって横になっていたことが印象に残ったことですかね。


何はともあれ、こうして交流戦を実行できたのは良かったです。
今後も継続していければと思います。

最後に会場確保、運営など立命のみなさんにはお世話になりました。
この場で改めて感謝いたします。

部内戦........

八月になりました。
学生将棋の熱い(?)夏の季節ですね。

そういうことで研究会が近々あり、部内戦もこれから指されていくでしょう。(部内戦、やってくださいよ!)

昨日本川君と部内戦をしたのですが、それがこんな局面に(先手が私です)

010811.jpg

これはY藤氏の影響をモロに受けてますね。確か前にやったときもこれに似た形だった気がします。

以下数手進んだ図

010811-2.jpg
手順の途中に角を4六に置いて飛車をけん制したのがよくなく、この局面では右銀が使いづらくかなり劣勢。
この形で思うのですが飛車先の歩が交換できてるのに、7三の角のラインが嫌味で簡単に優勢になれないのが不思議です。




一回生の日記が見てみたいですがID・パスがわからないですよね、おそらく。
今季は書き手が少ないので一回生の方に積極的に書いてほしいです。是非聞いてください。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。