プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻井研@BOX  新部長

新部長になった川西です。MRYさんがいつもBOXをきれいにしてくれていたのを保てるよう、がんばります。よろしくお願いします。


さて、土曜日、櫻井研に初参加させてもらいました。

最近相振りで優勢になった後まぎれてばっかりなので、勝ち方を勉強しないといけないなーと思い、イビアナに暴力的な負け方することが多いので、藤井システムもたまには指したほうがいいのかなーと思いました。結果は僕としてはまずまずだったものの、詰み逃しに救われたりして微妙な内容の将棋でした。

でもやっぱり他大学の方と将棋を指すのはとても勉強になるし、ごはん行ったり楽しい1日を過ごすことができました。


終電がやばくて先に帰ってしまい、すいませんでした。。
スポンサーサイト

櫻井研

久々の櫻井研が京大ボックスで行われました。普段からボックスをなるべく綺麗にしようと心掛けていたことが実を結んだのか?、いのてつさんに以前とは全然違うというお墨付きを頂きました。
櫻井さん本人がやむをえず欠席となってしまったのは残念でしたが、奨励会員も含め、11人という多くの方が来てくれました。
この研究会は京大以外の方と長い持ち時間で指せるし、強い人の意見も聞くことができるので、とても勉強になります。
僕自身は今回も優勝争いには絡めませんでしたが、指した将棋はいずれも参考になるものになってよかったです。
研究会後は、夕食を食べて、再びボックスに。いのてつさんがボックスに来てくださったので、カタンをして遊びました。

カニ大会

実際、この記事を書いているのは一週間も後になってからですが…。
この土曜日に長浜市で行われるカニ大会に行ってきました。いつも車を出してくださる櫻井さん、大西君とあと当日の朝に駆けつけてくれた助っ人の方の四人で参戦。
ルールはスイス式トーナメントのようなもので、とりあえず、四戦指すことに。
三戦で大西君に勝ったので、三連勝同士で櫻井さんと決勝。相穴熊になって、勝勢に近かったものの、脆弱な終盤力を如何なく発揮して、逆転。弱すぎる。
その後、順位を決めるとかで二番手集団に放り込まれる。結局、東海地方から来ていた小学生に負けてしまったので、3位でしたが(決勝戦をやったのに3位というのは腑に落ちないけど)、カニを得ることができました。結果として、全員カニをもらえたので、なかなかの量に。
それよりも、準優勝決定戦(?)で穴熊はこんなにずるいものなのかというのを実感しました。僕は普段、居飛車党なのでなかなかお目にかかりませんが、金銀5枚+香車の穴熊を見た時は駒得だったのですが、嫌になりましたね。切れ負けだったので効果大でした。振り飛車党はいつもこんなんを相手しているのかと思うと、感心します。

その後は、ボックスでカニ鍋。大西君、曰くなかなか上等なカニだったらしく、とてもおいしかったです。が、全部食べきるのに@時間かかったのは内緒ですよ。(汗)

2軍戦記by大西

1回生の大西です。
先日の2軍戦の将棋について書こうと思います。

1日目の相手は、
1回戦 岩田氏(立命)
2回戦 平野氏(阪大)でした。

1回戦はこちらのゴキゲン中飛車に対して、相手が角交換から銀冠に組んでくるよくある展開に。あえて手損して角打の筋を狙ったが、後の展開に自信が持てなくなり予定変更したのが失敗の始まりだった。以下斬り合いの変化になったとき敵の玉頭が厚く(手損のせい)自陣の薄さが際立っていく。時間でも大差で負けていたこともあり、終盤は将棋にならなかった。

2回戦は相手の石田流に銀冠で対抗。中盤優勢になるも、時間逼迫で終盤焦って自滅といういつもの負けパターンに…時間の大切さを実感した1日でした。

次いで2日目の相手は、
3回戦 増本氏(立命)
4回戦 岩崎氏(甲南)
5回戦 杉下氏(市大)

3回戦の増本戦は会心の将棋でした。特に悪手らしい手を1手も指さずに勝ちきれました。棋譜を載せておきます。




4回戦は相手の右玉に対して、菊水矢倉→銀冠と組み換え、中央~玉頭から猛攻。攻めがつながり勝ちきれました。春に1度負けた相手だったのでリベンジできて嬉しかったです。

5回戦はこちらのゴキゲンに角交換からの新丸山ワクチンという流行の将棋に。この将棋は終盤まで勝っていたものの、角が入るとトン死するのをうっかりして急転直下で負けに…先週の教訓を生かして時間を残していただけに悔いの残る一局になってしまった。

常にしっかり考えて将棋を指せるようになれたらなあと感じた今日このごろでした。

役員改正コンパ

一応、ここでも告知。
役員改正コンパは12月7日金曜の19時から百万遍の樽八で行われます。
もし、出席してもいいという人は渡辺君まで連絡してください。
新、旧役員はなるべく出席の方向で。

Bチーム   だに

昨日は二軍戦に行ってきました。

最近楽しい将棋を指していないなあということで、今回はぬるーく指すつもりだったんですが・・。


2日目は初戦が阪大B。
お互い1-1同士でここに勝てばまあ残留、負けると逆に残りの相手がきついために降級するんじゃなかろうかという戦い。
先輩の力に頼るのはよくないだろうということで後輩(主に2回生)に頑張らせてみたのですが・・。
結果だけいうといろいろあって残念ながら2-3負け

ということでこのままだと3連勝中の工繊と一軍戦の主力メンバーの揃った関大に連敗して1-4での降級が濃厚ということでだにぐち出動。さらに実家から京都に行く途中に寄ってみたというバターもスクランブル発進で工繊を潰しに行ったオーダー。
京大-工繊
玉置3-岩崎4
佐藤2-山本3
渡辺2-中筋3
谷口4-佐々木2
長畑4-前野1

副将5将を取ってあとは、玉置がうっかり勝つか、私が佐々木君をねじ伏せるかという運任せ。3将はさすがにきついか・・。
試合はバターが相手の早指しにつられたのか開始早々に角桂交換の見落としをしてくれて大きく不利・・。大将副将3将はゆっくりした展開。
大将はこちらに主導権がある形か?
私の将棋は中飛車左穴熊。。
中盤でいろいろとあったのですが、見落としから何個か悪手を重ねて普通に負け。
3将は矢倉加藤流に組んだのになぜか相手に先攻されてそのまま負け。
5将は不利な局面から相手の居玉めがけてうざいくらいに絡んでミスらせて勝ち。
大将は一方的に駒得で攻める展開ながらも相手に延々と辛抱強い粘りをされてミスるんじゃないかと思ってましたが攻めきって金星。
で2-2で残ったのが副将戦。
残り時間がお互い15分ぐらいでまだ中盤という持ち時間勝負になりそうな展開から佐藤君が技をかけて勝勢に。そのまま押し切るかと思いきやなんと残り2分(相手1分)で長考・・。
残り3秒で詰まして終了。

というわけでチーム3-2勝ち。


これで阪大B立命OB関大Aが2-2で並ぶ展開。
神戸が6位降級で残り1チームの争い。
最終戦は
関大A -京大B
立命OB-阪大B
と直接対決なので勝ち数で大分上にある立命OBは負けても残留。
うちの相手の関大Aはレギュラー陣で固めていてかなり手強いというか勝てなさそう・・。
というわけで阪大Bの負け待ちの状況になったのですが・・。


結果だけ言うと、阪大Bが勝ってうちが負けたために勝ち数差で立命OBに負けて降級でした。
私の将棋はやはり中飛車左穴熊。。
中盤唯一見えた捌き順で捌いてまあいい勝負と思っていたら、局後の検討でもっといい順があったことが判明。まだまだ勉強が足りません。
実戦は相手がかなり悲観していたようで、淡白な指し手が続いて勝利。
チームは1-4でした。

というわけで来季はC級です。
一期で帰ってきてくださいね。

優勝はうち以外に全部勝った工繊大。あのメンツは強力ですね。。



今回気になったことがあったのですが、時計を叩く人が結構多いですね。。
時計は押すものですから気をつけましょう。
叩きあいや、興奮してうっかりは仕方ないですが、序盤から毎回毎回バシバシ叩くのはやめましょう。故障の原因です。
時計を使わせてもらってるという気持ちを持ちましょう。
何人かに注意しましたが、日々気をつけないとなおらないので気付いたら注意してあげてください。

二軍戦記 二日目

1回の川西です。
今日は二軍戦二日目でした。ぱっと見、コスプレの人が多かったです。

3回戦、立命A戦の当たりは

 川西-山脇 大西-増本 南保-阿河 守屋-和井田 伊藤-

です伊藤君は不戦勝です。大副三将勝ちの4-1でした。大西君は相手がまたしても強敵。しかし、矢倉戦から穴熊へと組み替えた相手陣をうまく攻め、一目まだ難しいかという感じの(と僕は思っていた)局面から絶妙な指し回しで穴熊を崩壊し、圧倒していました。一方、僕の将棋は相振りで、端を破って優勢な局面から、相手の端攻めに対して受けまちがえ、紛れ模様。以下もイマイチな手を連発したものの相手の時間切迫に救われ、辛勝。大西君の将棋とは内容が雲泥の差です。もっときれいに勝たないとだめですね。。

4回戦は甲南A戦。

 川西-平野 大西-岩崎 南保-谷川 守屋-今井 野々口-森永

です。大副四将勝ちの3-2でした。僕の将棋は、四間飛車VS左美濃で、相手が無防備な角引きをしたのでこちらから角道を開きコビン攻めが厳しく、勝てました。

最後は市大Aと。

 川西-瀬戸 大西-杉下裕 守屋-小堤 野々口-南 伊藤-中谷

ここはおもしろい当たりが多かったです。まず五将でじゅんじゅん対決を実現。大将は一応4-0対決で、しかも4勝した相手が全く同じ。大西君はまたしても強敵に当たってしまいました。本当におつかれさまです。また、チームとしても勝った方が優勝と、大切なところです。

結果は、五将勝ちの1-4負け。自分の将棋が腐ってました。戦形は四間飛車VS左美濃。まず序盤、相手の8四飛をとがめ王手飛車の筋がからみ相手に受けがなくなり、さらに直後にぴったりの手を発見してかなり優勢になりました。しかしそこからうまく粘られ明快ではなくなり、相手の竜と馬の攻めに対して打った防波堤のはずの香車2枚が壁となり強烈な端攻めを食らい完全におかしくしてしまい・・・最後は時間がなくなりまだ勝ちはあったようですが、流れが完全に向こうにいってしまい・・・こうした流れになると勝てないとしたもので、最後はきれいに詰まされました。あとで香車を打たない良い受けを指摘され、なるほどとおもいました。

チーム成績は4勝1敗で2位とおもいます。せと君出直してきます。。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。