FC2ブログ

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2018年 01月 【5件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王座戦を振り返って

こんにちは。河合です。
王座戦から気が付けば一週間以上が経ちました。本当はもっと早く書く予定でしたが、いまいち体が動かずに記憶の片隅に追いやってしまっていました。
今回、初めて記事を書かせて頂くということで、僕が京大将棋部に入部するまでを振り返ろうと思います。

【~入部まで~】
一浪で大学に入った僕は、人生の岐路に立ちました。
高校までずっと一筋でやってきた将棋をこのまま続けるのか、あるいは折角大学に入ったのだから、他の色々なことをやるべきなのか。
色々考えた末、後者を選びました。二年間のブランクで昔ほど将棋に対して自信を持てなくなっていたのと、他の趣味を持つほうが人間としての幅を広げることが出来るのでは、と思ったからです。
その後は将棋部に入ることはなく、テニス部や茶道部など他の部活の傍ら、たまにネットで将棋を指すという日々でした。

ところが二回生の春、久々に出たアマ大会で対局に負けた後帰路に就こうとした時、見知らぬ二人の男の人に声を掛けられました。そこで京大将棋部の当時三回生だったお二人に将棋部に招いて頂き、僕は将棋部員として再び将棋に火をつけることが出来ました。
初対面にもかかわらず声を掛けて下さったOBの長屋さんと轟さん、二回生から入った自分にも親しくしてくれた部員の皆には本当に感謝しています。

【王座戦】
さて、今年の王座戦は例年に増して皆並々ならぬ思いで迎えました。
僕自身も、共に戦ってきた四、五回生のため、特に今回で最後の団体戦全国大会となり、将棋以外でもよく絡んでくれた村上君のためにも絶対に負けたくありませんでした。
王座戦の代表校を決める予選である一軍戦で不甲斐ない結果を出してしまった反省から、大会前は飲み会も断り、学業:将棋を0:10と学業を切り捨て、嫌いだった詰め将棋を毎日解くようにして当日を迎えました。
9局のうち、3局に絞って振り返ろうと思います。

≪第三局 金沢大戦≫
相手は元学生名人の西澤さん。早めに8筋の歩を交換する角田流という作戦です。今57の角を66に上がって角交換を挑まれた局面。
Hex.png
ここから△66同角▲同歩△44角▲24歩△同歩▲23歩で開戦しました。この辺りは自信があるともないとも言えません。

Hgp.png
終盤戦。自玉は固いですが、攻め駒が少なく、並の攻めでは切れてしまいそうです。
ここで△63金▲55角△64桂▲77銀△74歩と、上部から攻める形に組み替えてチャンスを待ちました。

Hgq.png
これが功を奏したようで、以下激戦が続きましたが最後は勝つことが出来ました。

2日目を終えてチームは全勝で、雰囲気も良く、いい感じで3日目を迎えることが出来ました。
3日目初戦の早稲田大戦で僕は手痛い構想ミスから完敗を喫してしまいましたが、チームは4-3で勝利しました。仲間の強さに助けられました。大逆転の将棋もあり、本当に運が良かったと思います。

≪第八局 北海道大戦≫
相手は能村さん。力戦型の対抗形となり、今△46歩と突かれた局面。
Hgr.png

歩得で手番なのでよくできそうだと感じていましたが、▲46同歩は△36飛車で捌かれますし、他の手も見えず苦しんでいました。
長考の末、▲65銀と桂を取り、△同銀に▲55桂と打つ順を発見しました。瞬間的な相手の歩切れを突いており、これが厳しかったようで、快勝することが出来ました。この将棋は内容が良く、気持ちを立て直して最終戦に臨むことが出来ました。

≪第九局 立命館大戦≫
僕の相手は新貝さん。余計なことは考えず盤面にだけ集中して指そうと思っていました。戦型は序盤の駆け引きで僕の角交換振り飛車対銀冠。この局面は事前に研究していて、後手番なのでひたすら千日手狙いの待機戦術を取っています。
Hgt.png
ここから▲24歩△同歩▲23歩と仕掛けられましたが、これも事前研究の範囲内だったので、自信を持って指していました。飛車を7筋に転換し反撃します。

Hgu.png
▲87金と打たれ、飛車を引いているようでは攻めが切れます。
自分を信じて、強く△77飛車成と切り込みました。
結果的にこれが勝着となり、短手数で勝つことが出来ました。終局直後は天に召される思いで、しばらく固まって言葉も出ませんでした。これで僕は8勝1敗で全ての対局を終えました。

最終的に京大は最終戦に負けました。終わった後は皆放心状態でした。各々、自分の中で沸々と湧き上がってくる悔しさと戦っているように見えました。
しかし、数日たった今思い返してみれば、ここ数年間手の届かなかった優勝に目前まで迫れたことは誇るべきことだと思うし、皆がベストを尽くした結果だったと思います。

僕は、大学に入る前は将棋は個人競技で団体戦にする意味なんてない、と思っていました。しかし一人でやっていただけでは、勝ってみんなで大喜びすることも、負けてあんなに悔しい思いをすることも無かったと思います。団体戦で全国を戦えて本当に良かったです。

充実の3日間をありがとうございました。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。