FC2ブログ

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2019年 03月 【1件】
2018年 12月 【3件】
2018年 11月 【1件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 01月 【5件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

学生選手権個人戦

お久しぶりになります、将棋部随一の暇人こと青木です。
先日行われた学生選手権の個人戦に出場してきまして、過去最高のベスト32まで進んだところみんなから日記を書け書けと煽られたので適当に書きます。あ、これ見た部員はみんな書いてね。書くよね……?



色々あって一年ほど将棋をやめていたのですが、年末ごろから将棋少しならやってもいいかなという気分になってウォーズを再開してました。まあ1日三局だけですが、やってみたら前くらいの達成率まで行ったのでまだそんなに弱くはなってなくて安心しました。
大会自体はそこまで出る気はなかったけど、暇だったのと団体戦で京大Aが2日目に残ってたので(団体2日目と個人戦が同時)その応援に行くついでにせっかくだしなぁと。事前申込とか当然してなかったのでキャンセル待ちでしたが。
あっ、団体戦の方は誰かが書いてくれると思うのでそっちを読んでくださいね。書けよ?

久しぶりの大会だったので(出て指すのは一年半ぶり?)予選はちょっと緊張してました。読みも結構抜けてて危なかった。(将棋再開したの他大の人にバレたくないし)予選敗退で目立たずに消えとことも思ってたんですが、なんとか予選は抜けられました。
三局目で知り合い(というか乃木坂好き仲間)と当たったのは痺れ不可避でしたが。勝因はななみんの生誕Tシャツです。ななみんありがとう。


本戦では一回戦危なくなりながらも勝って、トーナメント表見たらシードになってたのでこの時点でベスト64です。ああっ少し目立ってしまったっっ…!
しかし次の相手が前年度の選手権者の竹川氏で、もうほぼ諦めてました。
その一局は僕後手で、ゴキ中に丸山ワクチンされ中盤で図のように。
vs竹川1

この辺でこちらは少し悪いと思ってたんですが、実際はむしろ後手持ちみたいです。この3二銀打よりは5三桂成が嫌だったですね。
実戦はここから4四角同角同金2一銀不成4五金4一飛4四角と進み、4四に角を設置できたので勝負になる形になったと思いました。さらに4三角6五桂打5四角成7七桂成同金寄6五桂打と進んだ次の図。
vs竹川2
ここで先手は8九桂から千日手を選ぶ(5五桂でも結局千日手になりそう)しかなかったようです。実戦は4五馬だったので清算してなんとか詰ましました(詰みが最初見えてなかったのは内緒)。

なんと勝ってしまいました…。これでベスト32、あと一つ勝つと二日目に残ってしまいます。ひえっ目立っちゃった…。

最後の一局は早稲田の銭本氏と。言わずと知れた超強豪で、さっきの勝ちで運は使い果たしただろうしもう駄目だなと思いつつ対局に臨みました。僕先手で先手中飛車vs一直線になり、
ぜにー1

この局面で9五角8三飛7五歩同歩7八飛と進めて優勢を意識しました。とは言っても相手穴熊なので大変なんですが。
向こうも暴れてきますが優勢(+1000点くらい)を維持したまま終盤に入り次の図。
ぜにー2
ここは6一飛などと飛車を下ろしておく方が良かったです。本譜は5二歩成だったのですが、3五金同飛同角3三歩と進んだ時の速さが段違いです。
少し進んで、
ぜにー3
嫌らしく叩かれたところですが、ここは強く3三桂不成と踏み込むべきで、それなら手勝ちしてそうです。本譜は日和って同金と取り、そこで2四桂がまた嫌らしい。3三桂不成同金と進んで、そこでまだ4一飛なら怖いながらも頑張れた気がします。実戦は3六歩と打ってしまい、これが敗着。あとは殺到されて負けました。いぃやぁ、30秒じゃ読みきれないわ…。
割と目の前まで勝ちが近づいてただけに悔しいですね。しかし実力以上のものが出せたと思うので全体的には満足でした。



久しぶりの大会でここまで進めたのは幸運もあったし出来過ぎだとは思います。
あとは、前に王座戦について書いた時に記した「僕は出たら他大のレギュラー陣を相手にしてもそこそこ勝てると思っているし、エースと当たってもいい勝負くらいはするという自信、プライドを持ってここまでやってきました。出番がなかったとしても、です。」という言葉を今回の結果で示せた気がして、それが一番嬉しかったです。勿論今回の自分はノンプレッシャーだったので、王座戦のような環境で指してどうなってたかなんてわかりませんが、それでもここまで勝負できたのは大きな自信になりました。出て良かったなぁと思います。

これくらいで今回の振り返りは終わります。思ったより長くなってしまった…。
他の人も書いてね!!


あ、最後に今更ながら。新入生の皆さんご入学おめでとうございます。京大将棋部へようこそ!
僕は暇なので割と部室にいると思いますし、気軽に絡んでくださいね。乃木坂の話とかすると喜びますんで。
スポンサーサイト

王座戦を見て

王座戦直前、京都市にチャリをパクられた青木です。ダイコク前に5分止めておいただけなのに…
いい日記がたくさん並び僕なんかが書くのは気が引けたのですが、出ることの叶わなかった選手が何を思っていたか文章として残しておいた方がいいかなと思い書きました。同じ景色でも見ていたもの、感じたものはきっとみんな違うことでしょう。
こんな事を思っていた奴もいたんだなぁと心に留めておいてもらえたら嬉しいです。



個人的な事情ですが、2017年は推しの休業〜復帰〜卒業があって精神的にいっぱいいっぱいで、将棋を頑張る気力がありませんでした。復帰してた期間は自分でいうのもアレですがそこそこ強くて割と勝てたんですけどね、わかりやすい。
一軍戦期間は語ると長くなるので省略します。なんとか王座戦の切符を掴めて良かったです。
精神面がどうしようもなく、将棋も強くなれず調子も良かった訳ではないのでレギュラーになるのは諦めていました。それでも8番手くらいでいる気はしていたので今回はそこそこ出られるかもなと思っていました。一方でこのメンバーなら優勝を狙える、狙うならほぼ固定になるだろうから少ないかもとも。

草間さんが出るかどうか悩んでいた時、出ないでくれという思いがなかったわけではありません。草間さんが出るとなれば僕の出番は殆どなくなるだろうとわかっていたからです。でもチームの優勝のためには当然出て欲しい。そして何より、草間さん自身のために出て欲しいという気持ちがありました。
出ると聞いた時ももちろん複雑でしたが、これで良かったのだと思っています。僕のことは気にしないでまた出てくれたら嬉しいです。

それから王座戦まで、それまでもなかったようなものだった将棋のモチベは殆どなくなっていました。出られない以上将棋の準備をしても仕方ない、と。本当はこういう時でも出来るだけの準備をして臨むべきなのは分かっていたしそうあるべきでしたが、3年間の王座戦で2局しか出られなかった自分は精神的に疲れていて無理でした。卒業で普段以上に塞ぎ込んでいたのもあります。

言い訳ですね。そんなだから出番がなかったというのもわかってはいますが…駄目な奴です。

そういう状況でも四日市に行くからにはチームのためになりたい。この部には出られない人に気を遣う文化があまりなく今まで疎外感を覚えたりもしていたので、特にそういう人たちもチームとして纏まれるように気を使おうと、そして14人のうち1人だけが出られない状況になったらその1人は僕でいいと覚悟を決めました。

ただそうは言っても選手として行くからには出たいし勝ちたい。出る事を完全に諦めていたわけではありません。

そして王座戦。チームは快進撃を続けました。レギュラー陣の誰かが調子悪くなっていたら出番があったかもしれませんが、みんな絶好調で僕の入り込む隙間はないなと感じました。2日が終わりチームは全勝で、僕の出番はなし。その夜のオーダー会議で最終日のオーダーが決まり、出番なしで終わる事が事実上確定しました。ここに自分がいる必要はやっぱりなかったんじゃないか、自分がいなくても問題ないじゃないか。ホテルでは夜景を見ながら1人で落ち込んでいました。

早稲田戦は皆強かった。安心して見ていられました。途中の経過だけ見たら奇跡的ですが、最後には勝つものと信じていました。

北大戦。村上君の負けはなにやっとんの、という感じでした。レギュラーとして出る人にとっては9局のうちのたった1局かもしれませんが、出られない側の人間にとっては1局がとても大きい。気が抜けてこんな将棋を指すのなら僕が出たかったし無性に悔しくて腹が立ちました。とはいえチームは勝ち。終局後本人が一番落ち込んでいているのを見て、切り替えられるように声をかけたりしていました。彼にとっては学生将棋最後の1局になる立命戦を前にこの負けを引きずって欲しくなかった。

立命戦。最後だみんな頑張れ、と祈るように見ていました。しかし結果は我々にとって残酷なものでした。誰が悪いとかではないし京大が劣っていたとも思いません。それでも届かなかった。あの時間、それぞれが肌で感じたものを胸に抱いてこれから歩んでいけばきっと皆強くなれると信じています。

続きを読む »

個人戦

久しぶりの更新になります。青木です。

先日個人戦の本戦が行われ、見事はやっしーが準優勝、ほっそーが5位となり二人とも学生名人戦の代表となりました!
二人とも強いですね。きっと学名でも活躍して自戦記を書いてくれるでしょうから期待して待ってましょう。てか書いてね。

……僕に関してはまあ、あれです。あと一勝というところで代表を逃すというひじょーに残念な結果になってしまいました。いい局面もそれなりにあったので結構悔しいですね。一応その将棋を振り返りたいと思います。

本戦準々決勝 vs宇城氏
僕の先手中飛車に対し角道を開けない超速みたいなやつで来られ、まあ序盤下手なんでちょっと悪くなり迎えた図の局面。
201705141

ここで勢い▲89飛と回ったのですが、△45桂▲46角△64角とされていたら悪かったと思います。本譜は単に△64角だったので、飛車交換から角を手順に追い、飛車を打ち込んでよくなったかなと感じました。実際+1000点くらいあったようです。
その後いろいろあって(振り返ると長いので省略します)、お互い間違えあって形勢も二転三転して迎えた最終盤の図の局面。
201705142

ここでは▲46歩や▲66角が有力で、それならだいぶ良かったようです。本譜は▲44歩としたのですが危険だったかもしれません。以下△48歩と打たれ、同玉と取れば良かったのにフラフラと▲46銀と打ってしまい、これが敗着となりました。以下△49歩成▲45銀に△33桂が激痛。
最後はしっかり詰まされ負けました。全体的に大局観と読みと手の伸びる方向(全部やんけ)が酷かったなぁと反省してます。

あー思い出すだけで悔しい。このあと5位決定戦があったのですがそれもいいところなく初戦負け。まあ仇はほっそーが取ってくれたのでよしとしましょう。
個人戦は今回のベスト8という結果が過去最高なのですが、そんなことよりも負けた悔しさが大きいです。これ勝てば行けたのになぁ…と。
この悔しさを一軍戦にぶつけ、去年逃してしまった富士通杯に出られるように頑張っていきたいです。
拙文にお付き合いいただきありがとうございました。

続きを読む »

まいまい&ひめたん

どうもこんばんは。
今日の朝から試験が始まるのですがあまりにも勉強する気が起きないので現実逃避して日記でも書こうかと思います。

取りあえず最初に将棋の話を。一昨日後輩が個人戦に出場するとの事で高校選手権を滋賀まで見に行ってきました。結果はベスト8。おめでとう!刺激になりました。団体戦で一回くらいあの場を経験したかったなと羨ましくもなりました。


次に先日の日記(台風一過)についての補足でもしましょうかね。
其の陸でまいまいについて書かれていましたが、多分まいまいと聞いても何の事だか分からない方も多いのではないでしょうか。

まいまいとは、乃木坂46の最年長メンバーである深川麻衣さん(24)の事です。写真は追記で確認を。
静岡出身、キャッチコピーは「まいまい毎日マイペース」。その優しさから”聖母”とも呼ばれており、何より可愛いです。僕はあのくしゃっとした笑顔が好きですね。
まいまいに関しては某部員が今後日記でその魅力について大いに語ってくれる事でしょうから期待しましょう。
気になった方はまいまいのブログを読んでみる事をお勧めします。
http://blog.nogizaka46.com/mai.fukagawa/
というわけでまいまいの紹介でした。


ここからが本題。僕は乃木坂46が大好きなのですが、その中でも一推しはひめたんこと中元日芽香さん(19)です。自称永遠の17歳です。広島出身、好物はプリン、リボンが大好き。これも可愛い。
髪型は基本ツインテール。口癖は「えへへ♡」。
必殺技はひめたんびーむ(びーむはひらがな、ここ重要)。びーむを喰らうときゅんきゅんしちゃいます。なお心の綺麗な人にしか効かないようです。僕はもうきゅんきゅんしっぱなしなので心が綺麗ということですね。

Perfumeを輩出したASH出身とあってダンスも歌(見かけによらず力強い歌声)もうまいです。
そして何より「ザ・アイドル」。とにかく可愛いっす。顔も声もその仕草も行動もすべてが可愛い。それでいて凄いしっかりしてるし、真面目で努力家で頑張り屋さん。ああ愛おしい。いろいろ魅力を語ろうと思っても結局可愛いに行き着いてしまいますね。
またひめたんは三姉妹の真ん中なのですが、妹はBABYMETALのSU-METAL(中元すず香)です。今年の紅白で姉妹共演が実現したら僕は号泣するでしょう。
ひめたんは寝言で「ひめたんびーむ」と言っているのを妹に聞かれたことがあるらしいです。ああ可愛い。

これ以上語ると長くなりそうなのでこのくらいにしておきますか。とにかく可愛いです。ブログも可愛いです。
http://blog.nogizaka46.com/himeka.nakamoto/


ふぅ…魅力を言葉にしていくのって難しいですね。気になった方は是非検索していただけると嬉しいです。もちろん他のメンバーもみんな可愛いので、推しを見つけてみてはいかがでしょうか。

さてもうこんな時間ですね。今日は二つ試験があるのですが全く勉強しておりません。大丈夫なんかな…。
以上、将棋にほとんど関係ない日記でした。たまにはこういうのもあってもいいよね。
この日記が家族に読まれませんように…


続きを読む »

新人戦

どうもはじめまして。一回生の青木です。
先日行われた新人戦において優勝する事が出来ました。
何か書けという周りからの圧力に耐えかねまして、一応振り返ろうかと思います。

予選

一回戦は相手が初心者でしたのでまあ勝ち。

二回戦は同志社の村上君と。僕後手で相中飛車になり紆余曲折ありましたが終盤相手が秒に追われて金を手放してくれたためなんとか勝ち。

予選決勝は市大の中屋君と。僕先手から先手中飛車に。3Ma.png
終盤図の局面で▲89飛△88歩▲同飛△87歩▲67金と進めて勝ちと思ったら△71竜と引かれて真っ青に。そしてそこから十数手後の図の局面で手が分からず。
3Mb.png
結局筋悪く▲81金と打って勝ったのですが、なんかもっと上手い寄せがあったような気もします。

本戦

一回戦は立命の野崎君と。僕後手で4手目△33角の結果居飛車にされて図の局面に。
3Md.png

ここから△64歩▲同銀△54銀としたのですが▲66金と上がられ△45歩▲58金とされ苦しく。以下飛車金交換で何とか食いつこうとしたのですが歩切れが痛く切れ模様。ただ相手がミスをしたので手が続くようにはなったのですがそれでも劣勢。しかし相手が寄せの方針を間違えてくれたため勝ちになったと思ったのですがこちらの寄せも怪しいもので。最後は図の局面で▲64金だったため先手玉が詰んだのですが▲72金とされていると逃げると詰み、取ると53の銀を手順に抜かれて一応後手勝ちらしいのですが実戦だったら負けていたかもしれないです。
3Me.png

準決勝は市大の松本君と。相振りから相手の隙を逃さず攻めて快勝。

決勝は阪大の玉柏君と。僕後手で例によって中飛車に。玉柏君は準決勝が長い将棋だったようで疲れていたのか僕が一方的に攻める展開になって寄せが下手なもんでもつれましたが勝ち。
新人王になる事が出来ました。

しかし将棋の内容はお粗末(というか雑)だったので新人王の名にふさわしいくらいの実力を付けていきたいな、と思います。もうちょい将棋に触れる時間を増やして一軍戦とかで活躍できるように頑張りたいです。

| ホーム |


 BLOG TOP