プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業記

久しぶりの更新になります、谷舖です。卒業式を終え、せっかくの機会なので卒業までの棋歴を振り返って日記を更新しておきます。

私が将棋を覚えたのは小2の頃、以降地元の将棋教室に通っていました。小学校の間は教室の先生のつながりで当時全国優勝していた上宮高校の将棋部の合宿に参加させてもらったりしていました。聖護院での合宿で、近くの大学の将棋部を見学に行ったりしていましたが、小学生にはかなり早かったと今になって思います。しかし将棋のほうは朝から晩までみっちり2泊3日で、安用寺先生やのちに奨励会に入る強豪の方に教われて、香1本は強くなった、と言われたのを覚えています。この頃に出会った先生方には今でもお世話になっています。

中学高校と進学するもどちらも入学直前に将棋部が消滅する憂き目に遭いましたが、これも地元の教室の先生が中高等学校将棋連盟の先生に伝手があったりで大会に出していただいたりしていました。なので大学に入ってからも大会に出られるありがたさは感じていたほうだと思います。大会で知り合った近大付属や泉尾高校の将棋部にもお邪魔していました。
高校に入って1年生の夏の個人戦。大阪府の代表枠は2名の大会での準決勝、これに勝てば大阪代表の将棋の相手はのちに東大の主将になるMさん。こちらが必勝のはずでしたが、「これ勝ったら代表かー近畿大会和歌山だっけー」などと考えている間にただで捨てられた銀をなんでも勝ちだろうと何も考えずに同玉。必至をかけられ飛び上がり幾ばくもなく負け。以降も高3までの間に計3回「これに勝ったら大阪代表」の将棋がありましたが全部負け。大阪の個人は代表を取りやすくなっていた事情があったとはいえ、個人の大会では高校時代がピークでした。

大学に入学後はビラロードに将棋部のチラシがなかったので囲碁部のビラの地図を頼りに探し出しました。近衛通りから医学部を抜けて志賀越道へ抜ける道や、BOX棟の廊下の汚さに見覚えがありました。小学生の頃上宮の合宿で連れられて行ったのは京大の将棋部だったんですね。小学生の自分は京都大学と聞いても京都にある大学なんだな、くらいにしか思いませんでしたが一浪して通うことになるわけです。
浪人中は将棋の勉強をしてなかったので浦島太郎状態でした。わかってはいましたが大学将棋では自分の棋力では全く歯が立ちません。1回生では新人戦の予選を抜けたことくらいしかしてなかったと思います。王座戦ではオーダーの関係もあり、東大戦で使っていただけました。対局前は緊張していましたが、僕先手!をして始まってみると集中できるものです。7将で端だったのでNHKのカメラがよく回ってきましたが気にせず指せました。私は角交換四間から力負けしたものの、チームは4-3。自分が何をしたわけでなくてもチームの勝ちは嬉しかったのを覚えています。思えばせっかく使ってもらったのだからここで奮起すれば良かったのですが。
将棋部の外では、小学校の頃からお世話になっていた教室の先生の縁で、教室を手伝うことに。自分が指導なんてしてていいんだろうかと思いながらも小学生を教えるのは楽しいものです。

2回生時は幹事を務めました。幹事は敬遠されがちな役職ですが人脈が少しだけ広がるので悪くないものですよ。この年から個人戦に参加し始めて、春の個人戦の予選決勝が高校の頃府大会で指して以来のほっしーで懐かしかったのを覚えています。富士通杯では皆さん念願の優勝でした。当時東京に用事があったこともあって、メンバー外の私も最終日優勝の可能性が高まるにつれて応援に行きたい気持ちもありましたが台風で叶わず。ともあれ在学中に優勝を見られたのは嬉しかったです。京大に人が少なかった時なのでこの年も14人の団体戦はメンバー入りさせてもらいました。秋の和歌山大との第二代表決定戦で使ってもらって勝ったのが思い出です。結局これが一軍戦での唯一の勝利でした。京大が3位入賞となった王座戦では出場機会がなかったものの幹事をしていたという理由で記念撮影の際盾を持たせていただきました。

3回生は支部対抗戦が大イベント。前年度の2月に轟、長屋と京都代表をとってから4月下旬の西日本大会まではさすがに春休みを使って勉強しました。3人の団体戦で、棋力的には2人に迷惑かけることにはなるだろうけどなるべくかけたくないし。普段やってることに加えて詰将棋と定跡の勉強を増やすと数週間で調子がよくなったのを感じました。24も最高レートを更新。これを普段からやってないから強くならないんですね。当たり前ですが。詳細は以前の日記に書きましたが、体調は最悪ながらも立食パーティーなどお祭りとしては楽しめました。将棋も勝利打点を挙げるようなことはなかったものの杉野さんに言われていた一勝の目標は達成して体調の割にはよかったと思っています。西日本大会に連れて行ってくれた2人には感謝です。部内戦が再開されたのはこの頃だったはずです。強制されて頑張るよりもモチベーションを高めるという意味で有難かったところです。実習で忙しくなったり、夏ごろから生活が変わったりで支部対抗以降はあんまり将棋してなかったのでこの年はこれくらいですね。支部対抗戦に出られたのは将棋部の一番の思い出です。

4回生になると研究室生活が始まり、将棋に割く時間はさらに減ります。個人戦もいつもの通り、という感じで春秋ともに予選決勝で敗退、「谷舖が居飛穴なんてやってたらその時点で作戦負け」なんてこともあったのが最後の個人戦です。たまに居飛車も指して慣れてた形だったんですけどね。この年は王座戦の応援に行けませんでしたが研究室で細胞と戯れながら速報は確認してました。卒業が近づくにつれて長屋が他大との同期飲みや、長屋の日記にあるように轟、宮越との卒業旅行を企画してくれました。ありがとう!九州を一緒に回った轟と宮越もありがとう!

京大将棋部は強い人ばかりでしたが、弱小部員の自分にも優しくしてもらいました。思えば高1から今までで飛車を振る筋の数は増えども棋力は全く上がりませんでしたが、楽しくさせていただきました。新年度からは大学院に進学予定です。また顔を出すこともあるかもしれませんがその時もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

支部対抗戦西地区大会

こんにちは。3回生の谷舖です。日記は書かずに卒業するつもりでしたが、この頃盛んに更新されているようなので書かないわけにはいかないと妙な責任感を感じて書いてみます。

もう一カ月も前のことになりますが、4/24(金)~26(日)の全国支部将棋対抗戦西地区大会に参加させてもらってきました。
24日の前夜祭に参加するために実験を早退したところ、実験レポートに大会のことを書く運びになったので、いまさらですがついでにブログにも書いてみます。いまさらですが。
実験レポートの「感想課題」に、実験とは全く関係ないことを課題に出されるんですが、これは薬学部だけなんですかね…

4/24 前夜祭
前夜祭は金曜日、本来なら実験があるはずですが途中で抜けさせてもらいました。
とど、ながやんと集合して会場へ。
到着後、ながやんが抽選くじを引くと、8組3番。必ず不戦勝がつく位置でした。必ず不戦勝がつくのは37チーム中3チームなので、かなりラッキーでした。さすがながやん。
会場に着いた時にはもう指導対局は全席埋まっていたので、部屋で適当にうだうだしてから前夜祭へ。
前夜祭ではプロの先生が6人いらしていました。私は寝屋川のイベントでスタッフ(公開対局の棋譜読み上げと秒読み)をしているので、以前寝屋川のイベントでお世話になった平藤先生、長谷川先生にご挨拶(読んでる皆さん良ければ秋のイベント来てください)。長谷川先生ととど、ながやんが記念撮影していただいたり、Y根、H尾両氏と合流したり、T橋さんとお話したりで前夜祭は終了しました。
前夜祭後は部屋で数局。体調が急速に悪くなったので、私はあとの2人より早めに就寝。

4/25 1日目
朝食の広間で、「これ一応3段以下の大会なんやろ」「いやいや免状3段やから、ほんまに3段以下の人なんか数人しかおらんやろ、高段者ばっかり」という声をきいてビビる。
予選一局目は不戦勝。ぶらぶら見て回ると、ご挨拶させていただいた福井代表のM越のお父上は大将席で、隣のブロックなので、1勝1敗同士なら当たるな…と。しかし体調が前日より悪化していたので「風邪ならすぐ飲むカコナール」を買ってきて部屋の外のソファでだらーっとして二局目を待ちました。

二局目は三次支部(広島)と。僕先手!で▲三間-△居飛車穴熊に。直前に研究していた形になり、優勢になりそうな展開でしたが、決め急ぎ、混戦に。以下朦朧としながらも泥仕合を制することができました。最終盤相手がこちらに必至をかける手段もありましたが、スルーして最後はこちらが金捨ての必至をかけて勝ち。それなりにかっこよかったような気がしてましたが、私が弱いせいか、風邪のせいか、泥仕合だったせいか全く並ばないのが惜しいところです。

予選は1勝1不戦勝で通過して、昼食休憩へ。
休憩後には決勝トーナメントの抽選。またもながやんがラッキーくじを引き、一回戦はシード。ながやんの引きは神。
二回戦は松山坊ちゃん支部(愛媛)と。僕先手!で、▲オープン四間-△中飛車。相手は大学将棋で名前の聞いたことのある方でした。
序盤早々の欲張った仕掛けが完全に無理で、受け止められて完封負け。かなり早い段階で悪くなって申し訳なかったですが、団体なので最後まで指しましたが、全く気合の入らない将棋になってしまいました。
チームは2人の勝利のおかげで2-1で勝ち。ベスト8に進みました。これでこの日の晩のホテルにもう一泊させてもらえることになりました。

三回戦は福岡中央支部(福岡)と。これに勝てば2日目に残り、四段免状獲得の一戦です。僕先手!となりました。これで三局とも奇数先で、私の大将としての最大の活躍は振り駒だったかもしれません。なんといっても以前室谷由紀先生に「振り駒うまいですね」って言われたのが自慢ですからね。
相手は3人ともR2600越えという噂を小耳にはさみ、また、体調がさらに悪化したこともあり、気合を入れて藤井竜王扇子を手に臨みました。
将棋は▲三間-△居飛車穴熊。やっぱりレベルや対局の重要度が高くなると居飛車穴熊の比率は増えるんでしょうかね。以前本で読んだ形になり、こちらは快調にノータイムで飛ばしていましたが、どうにも無理そうな仕掛けを食らう。

ここから△95飛▲同歩△65歩▲77桂△66歩▲同銀△67角▲96飛△94歩。
△65歩に▲78金以下きちんと受け止めればよかったものの、受けを誤り劣勢に。以下長く続けたものの負け。チームも0-3で負けでした。


一日目終了後、ホテルのバイキング券をもらってバイキングに。その後皆は安南などに興じていたようですが、風邪ひきはベッドに。2泊目は一人部屋でしたが、すぐに寝てしまったので関係なかったですね。

4/26 2日目
起床するも全く動けず、ホテル最上階でのバイキング券を無駄に。やっと起き上って会場に行ったときにはもう決勝の中盤でした。Y根氏の神戸支部は決勝に残っていて、結果は準優勝となっていました。決勝の三将戦が自分の指す形だったのでそこを中心に見ていました。
その後表彰式があったり、福岡中央支部で私と対戦した方がウォーズの有名人ということが判明したりして大会は閉会しました。


今大会では個人では一勝できたらいいほうだろうといわれていましたが、とりあえずそれはクリアできたのはよかったですし、いい経験をさせていただいたと思います。他府県の方とも話せましたし、久し振りに大きな勝負で指させてもらえました。ベスト8まで進めたのは自分自身の実力を考えると本当に恵まれていたと思います。
ただ、大事なところで体調を崩したのと、唯一の勝局が終盤から並ばないのは惜しいところです。体調管理も実力のうちですね。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。