FC2ブログ

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 01月 【5件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマ名人戦記①

ア-キョムフカヒ--
はい、というわけで、未だに一人称をはやっしーにすべきかどうか迷ってる林です。
先日アマ名人戦に行ってきたので、アマ名記をテキトーに書き連ねていこうかなと思います。
(アマ名はベスト16でした)
というかね、そもそも日程がきつすぎる。←お前が悪い

なお、相手の名前は調べればわかることなので、普通に書きますが、ご容赦ください。


【0日目】
久しぶりの全国大会・・・のはずなのに、はっきり言って準備不足。
アマ名後にも予定があるが、どちらも準備が疎かになってしまっていた状態。
どないなってんねん!

さて、前夜祭に行くために東京へ出発したはいいが、京都は生憎の天気だったので、新幹線に乗る前には既にクタクタ。
しかも、名古屋駅まで座れずに、フカヒッっていう感じでした。

前夜祭では、久々に見るOBや元奨も。
なんやかんやで知ってる人たくさんいたなという印象。
こういうことがあると、将棋やっててよかったと将来感じるようになるのかなと思ったり思わなかったり。

あと、全国大会はただ飯を食らえるので、味がいいです。
宿泊費なども運営側に負担していただいています。
ありがたい話ですね。
みんな全国大会目指そう。
ちなみに、僕はアマ名の期間、1食につき2・3食分食べてた気がします。
はっきり言って食べすぎました。

予選ブロックの抽選もこの日に行います。
前夜祭のときに組み合わせが発表となり、初戦から横山さんと当たることになり、お、おう…という所感。
北海道は直前に起きた地震による被害が大きかったことから、まず会場に来れるかどうかという心配がありましたが。
ただ、前夜祭には間に合いませんでしたが、なんとか会場には辿り着けていたようです。

前夜祭でブログの宣伝をされている方がいたので、準備不足を少しでも補うようにと拝見していました。
ブログをされていたのは知っていましたが、見ると勉強不足を痛感しましたね。
大学に入ってから3回生くらいまでは、局面を見たらどの実戦例とか言えてたはずなんだけどなあ…


【一日目】
アマ名人戦は50分30秒というアマ大会では珍しい持ち時間。
初日は予選のみの日程です。

<初戦>
先述のように横山さんと。
僕が先手で、角換わり▲腰掛け銀vs△棒銀模様になりました。
右桂を跳ねるタイミングが早いために、直前にチェックした形に誘導しにくく、ちぐはぐな手順になってしまったなと思いながら指してました。
下図はその弊害も若干出たと思います。(詳細は省きます)

vs横山①

直前に部分的な形ということで、▲67銀と引いた手に対して、△44歩と指された局面。
実は形を勘違いしていて、ここで▲45歩が利く想定で指してました。
いやそんなわけねーだろと愕然。
もう局面としては、互角になるように辛抱していくしかないかなと思い、▲47金と指しました。

ただ、ここでは局後に指摘もされましたが、▲26飛の方がよかった気がします。
軽い攻めも見せてますし、何より▲47金より形がいい。
▲47金って、玉を右にやっていくくらいな気がしますが、すぐに▲48玉って上がれないですしね。
というか、▲26飛の方が絶対好みなので、見えたら指しますね。
悲観しすぎました。

進んで下図。

vs横山②

先手ですが千日手含みで、ここまでは一応互角付近で辛抱できていたかなと思いました。
昔ならこんな指し方は絶対にできなかったですね。
ただ、ここでもう千日手はむりかとなって、▲75歩は暴発でした。
辛抱なら▲29飛とかだろうなと分かっていましたが…

▲75歩以下は、△同銀▲同銀△同飛▲82角に対しての△86歩をうっかりしていました。
他の手ならまだ粘れるかなと思っていたのですが…
というか見た目がどう考えてもダメなので、こういう順は読むべきではありませんでした。
以下は、▲64角成△77飛成(実はこれもうっかり)で、ジ・エンド。

力の差を感じる一局となってしまいました。


<二局目>
福森さんとの対局。
僕が後手で、相居飛車含みの対抗形の出だしとなりました。
下図はまだまだ序盤ですが、先手の構想がおもしろく、うまく指されたなと感じました。

vs福森①

▲55角△73銀▲66銀△85歩▲88飛という進行でした。
進んで下図ですが、ここは少し先手が動きすぎている気もします。

vs福森②

ただ、この局面で△57角はあまりよくない手でした。
以下は、▲95角△44飛▲73角成△75角成▲66銀と進みました。
▲95角は当然織り込み済みなのですが、最終手▲66銀まで進み誤算に気付きました。
実は△64馬と指して、駒損でも玉形の差と飛車の働きの差で難しいと思っていたのですが、△64馬に対しては▲83馬で金取りと▲56桂の両狙いが受かりません。
遠く47にも馬が利いているので指す手がありません。

局面図では、△72金としまってでもおくべきでした。
また、△57角以下の順を選ぶなら、△75角成のところで△47飛成の筋を中心に読みを組み立てるべきでした。
あれだけ部員に読め読めと言っておきながら、大局観に頼ってひどい順を選んでしまうとは。
(実際は△47飛成で良しなので、局面図で選んだ手は悪くはないが…)

進んで下図、ここでは先手がよくなっています。
ただ、僕は相当悪いと思っていたのですが、意外と差が広がってなかったみたいですね。

vs福森③

ここで本譜は▲74角でしたが、これが結果的にはよくなかったようで、かえて▲96角などで優位を維持していました。
ただ、それでも互角より少しいいくらいなので、まだまだ難しいところもありそうです。
▲74角以下は、△84飛▲53桂不成△74飛▲41桂成△57歩と進み、逆に後手に形勢の針が傾きました。
▲53桂不成が先手期待の手ですが、全て無視して攻め合ったのがいい判断だったかもしれません。

難しいところもあったとは思いましたが、そのまま押し切れたと思います。
とにもかくにも、一勝したことで一日目の宿は確保。


<三局目>
田部井さんとの対局。
僕が後手で、5手目▲77銀の出だしの相居飛車。
雁木模様に組んでいく指し方を採用してみました。
迎えて下図。

vs田部井①

ここで△81飛の余地を作るために△73桂と指したのですが、この手があまり良くなかったかもしれません。
変化手順にしか現れませんでしたが、桂頭を攻められる筋が怖いです。
△73桂以下は、▲58金△52金に▲55銀右と進みました。
じっくりした組合いは後手も望むところだと思うのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした。
後手は非常に怖い筋が多く、思ったより強い戦いができません。

△73桂を跳ねるべきかどうかもそうですが、△52金型か△62金型かなど、駒組みにはまだまだ工夫の余地がありそうです。
悪くなかった気もしますが、ずっと自信がなかったために千日手を選択して、指し直しになりました。

この時点で残り時間は10分を切っていて、精神衛生上あまりよろしくなかったですね。
準備不足だと余計な筋まで怖がったりして、時間を投入してしまうのが良くないです。
今回、持ち時間は50分でも秒読みが30秒という特殊な時間設定だったのもあって、持ち時間が切迫すると結構焦りましたね。
実際、指し直し局は初手から時間を意識する羽目になってしまいました。


指し直し局は僕が先手で、▲左美濃vs△雁木という戦型に。
時間なさすぎィと思いながら迎えた局面。

vs田部井②

△54歩~△74歩の構想が見えておらず、苦戦を意識する展開。
というか、時間ないのに未経験の形を掘り下げる時間があるわけがない。
ただ、調べてみると局面としては、指しにくい手に見えるが▲79玉と指して、こちらに分があるようだ。
うーん、でもそんな自信ないけどなあ。

実戦は▲24歩△同歩▲同銀△23歩▲33歩成△同桂▲35銀と進めました。
それ以降こちらが良い局面があったようですが、うまくとらえ切れませんでした。
やはり形に対する認識が不足している感がありますね。

進んで下図。
ここはすでに先手が勝勢と言っても差し支えない局面ですが、明快な決め手がありました。

vs田部井③

それは▲71角という手です。
この日の夜、自室で軽く棋譜解析させたのを見たのですが、この手の存在を知って飛び上がりました。
いやめっちゃ明快じゃん。
本譜は、▲52銀打から清算して▲44歩と打つ展開だったので、なんか微妙な感じがしました。
よりが戻っていたかもしれません。
▲44歩自体が厳しいかどうか微妙ですからね。

まあ、対局中は▲71角の存在など露知らずでしたので、勝ちに近づいていてもおかしくないのに、意外と難しいなと思ってました。
人間らしく間違いが多かったとは思いますが、何とか勝つことができ、予選通過を果たしました。

全国大会で予選を抜けたのは初ですね。(過去、朝日アマは最初から決勝トーナメントで、アマ王将は予選落ち)
目に見えて準備不足だったので、この結果は素直に嬉しかったです。
ただ、同時にもっと気を引き締めないと勝ちあがれないなと思いました。
あー、勉強時間がー。

夕食は、OBの方々に連れて行ってもらいました。
ありがとうございます。


そういえば、明日からは富士通杯なんですね。
京大は残念ながら代表を逃してしまいましたが、関西勢がんばってください。
京大は、冬には全国に行けるようにがんばりましょう。

二日目は気が向いたら書きます。
スポンサーサイト

実戦詰将棋

どうも、進捗が皆無な林です。
ふと見てみると日記が全く更新されておらず、広告が出るようになってしまったので、老婆心ながら広告削除のために日記を書こうと思います。(というより、進捗を生んでたらこんな発想出てくるわけがない。)
以前の自分のように書くことは色々あっただろうに…


というのは置いておいて、本題。
日記というよりかは問題を出すだけなので、そんなに手間がかからないだろうということで、投稿しようと思いました。
というわけで、部員の方々は解いてみてください。

先日、とある研究会にお邪魔して、その中の一局から抜粋。
僕が後手ですが、便宜上先後逆とかは面倒なのでやりません。

実戦詰将棋

ここに至るまで二転三転していて、人間的には熱戦といったところでしょうか。(間違いだらけとも言いますが。)
上の▲3二桂成とした局面、先手玉に詰みが生じているので、どうやって詰ますのかを考えてみてください。
2手目の応手で、3通りと2通りの詰まし方があるので、全部読み切ってみましょう。(深夜に突っついただけなので、もうちょっとあるかもしれませんし、そもそも詰まし方が間違っている恐れもありますが。)
細かいことを言えば、この変化とこの変化ほぼ一緒じゃないかとなるかもしれませんが、それは自分で読んで判断してください。
分岐もたくさんありますので、この場合の数の表し方は不適当かもしれませんが。
感想戦で出た詰まし方が詰将棋っぽいなと思ったので、出題してみました。

また、局面図は4四の桂馬を成ったものなのですが、実は違う手だと先手がおそらく勝ちでした。
それも考えてみてください。

ある局面で何を持っていれば、またどういう配置であれば詰みそうだとかいう情報は、考えてみて、経験として持っておくのが重要だと思うので、部員の方々には解いてほしいと思います。
詰み筋をインプットしていくのも大事です。

では、失礼しました。


※追記
日記には書いてませんが、先月、アマ名人戦の京都府代表になりました。
久々の全国大会なので、がんばりたいと思います。
進捗が全然ないので、準備も疎かになりそうなのが気がかりですが…
というかね、もうスケジュールがつらぽよ。

王座戦記

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
草間さんを熱心に(しつこく?)王座戦に誘った主将の林です。
王座戦が終わってからというもの、僕が勝勢の将棋をきちんと勝っていれば優勝できたのかと思うと、そのことばかりが頭に浮かんで、しばらく虚無で不可避でした。
そのおかげで、オール学生も不参加で、学業では相変わらず進捗を生めてません・・・
ただ、振り返ってみると、早稲田戦は奇跡の勝利でしたし、そもそも代表決定戦では敗勢の将棋を最後の最後でひっくり返して、何とか代表権を得ているので、こういうことがあっても仕方のないことだと思うしかないように感じます。
起こってしまったことは、いくら悔いたところで何も変えられませんし。

王座戦からしばらく経ってしまいましたが、振り返ってみようと思います。

※今回はいつも以上に長ったらしく書いていますが、ご容赦下さい。


【王座戦まで】
この年度は今までに比べて、将棋と向き合う時間が明らかに減りました。
(だからと言って、勉学と向き合っているわけではありません・・・)
モチベーションがかなり低下していましたね。
なので、棋力面ではかなり落ちている実感がありました。
ただ、草間さんが直前になって参加を表明したこともあり、これは是が非でもモチベーションを上げなければと思いました。
とは言っても、やはり棋力面の充実が見られなかったので、不安を抱えながら王座戦に向かうことになりました。


【王座戦初日】
<1R vs岡山大学>
まずは岡山大学と。
初戦はその後の雰囲気を決めるところもあると思うので、勝っておきたいところです。
僕の後手で、▲中飛車vs△左美濃という、最近ありがちな戦型になりました。
▲5六歩+▲6七銀の形で、角交換型です。
この形で組み合うと、千日手を狙う指し方が多く、実際にそうするのが自分の中での一定の結論なのですが、対局中は本当にそうなるのだろうかという不安に苛まれていました。
不安から徐々に時間を使う展開で対局中は苦しかったですね。
ただ、かなり悲観していたのですが、ずっと互角を保てていたのは幸運でした。
実戦は、終盤の相手のミスに乗じて決めることができました。

チームも6勝1敗で勝つことができ、幸先の良いスタートでした。
ただ、この対局で、自分の状態があまりよくないというはっきりとした自覚を持つようになりました。
今大会はどうにかして誤魔化していかないとな、と。


<2R vs福岡大学>
先手番を得て、▲中飛車vs△右玉。
今大会は、久々に、全国の舞台で振り飛車もある程度指すつもりでした。
あまり準備してないのが不安要素でしたが・・・
その不安が現実に現れてしまいました。

右玉を決める態度が早かったので、右玉にはこれと決めて指していた形と違う指し方をしたくなりました。
序盤はまずまずの展開でしたが、読み抜けがあって苦しいと思っていたために暴発して、形勢を損ねてしまいました。
必死で嫌味をつけて、逆転を狙うしかなく苦しい時間が長かったです。
よく分からないまま逆転して、そこからは分かりやすい手勝ちになりました。

チームは7-0をしていて強かったですね。


<3R vs金沢大学>
一日目の山場と思っていました。
相手は松野氏で、個人的には2年前の王座戦以来の対戦です。

2手目△6二銀から力戦の相居飛車となりましたが、昔指して感触のよかった指し方から早々に離れたことに後悔してしまい、ちぐはぐな駒運びをしてしまいました。
後悔から序盤から時間もかなり使ってしまい、途中20分弱離れていた場面もあった気がします。
今考えると、5手目の手を中盤付近まで後悔し続けるのはいただけなかったですね。
ただ、序盤の勝負手が通って(実際無理な手ではなかった。)、局面自体は最後の方までずっと互角を保っていたようです。

迎えて下図。(僕は先手)

2017王座戦3-1

5三の金をぶつけてきた局面です。
少し悪いと思ったので、時間攻めもかねてほぼノータイムで▲2五香と指したのですが、これが敗着となってしまいました。
以下、
△4五金▲2三香不成△4七銀▲3九玉△5八銀成
と進むと、後手の攻めの方が早いです。
実は、この局面が△4八角以下、詰むか飛車を取られるかという局面になっていることを、うっかりしていました。

上図では、▲4四同銀△同角で、▲5七金打などのように、4七の地点を強化しておくのが先決でした。
後手の攻め駒も相当刺さっているので、怖いところですが、歩切れということもあり、すぐに潰れるかは難しいところです。
最悪千日手に持ち込めるかという形勢な気がしますが、当然息長く指すこちらの順を選ぶべきでした。

ずっと互角を保っていた将棋を一度のミスで落とすという不運な展開でしたが、この将棋においては相手の方が上手でした。
ただ、チームは5-2で勝ってくれていて、助かりました。


一日目は、個人としては一敗を喫しましたが、チームは全勝で乗り切りました。
僕の全勝チャレンジはだいたい初日で潰えるんですよね。
とは言え、厳しい戦いは続くと思われるので、何とか切り替えなければなりません。


【王座戦二日目】
<4R vs東北大学>
僕が後手番で、戦型は相振り飛車の▲向かい飛車vs△三間飛車に。
昔の記憶で、6筋の歩を保留していた場合は、5筋の位を取っていたイメージがあったので、その形に進めて局面図を迎えました。

2017王座戦4-1

後手の手番ですが、いざこの局面になると方針が難しいなと思っていました。
△4五銀~△5四飛の形は、7筋と6筋の歩を突いて飛車の横利きで受けられて微妙です。
とすれば、囲いを発展させていくのが普通なのですが、単に△6四歩とするのは、
▲8四歩△同歩▲同飛△8三歩▲6四飛△6三金▲6五飛△7四金▲6一飛成△同銀
と進む下の局面を気にしていました。

2017王座戦4-2

少々乱暴な順ではありますが、後手の陣形がバラバラであるために、▲8六角と出る筋一本でやられてしまう危険性があり、選びきれませんでした。
こういった順は、持ち時間の少ない対局中に考えるものではないなと思ったのですが・・・
日頃の勉強では、こういった順を読む訓練もしておいて、憂いを少しでも無くしておくのがいいのかなと思います。

ただ、実際には、▲6四飛のところで、△6三歩▲6五飛△8四歩とすれば、飛車が狭いので後手がやれます。
まあ、当然といえば当然ですね・・・
余計な変化に気を取られすぎるあたり、やはり状態がよくないなと感じました。

というわけで、△6四歩と突くためには、6四の地点に利きを足してから突くのが安全と判断して、△4五銀を選択。
ただ、▲6五歩と突かれると、そこでまた指し手が難しいために、微妙だったかもしれません。
△4五銀の代替案としては△3一角がありますが、それもまたよく分からないところです。

本譜は他の手だったため、△6四歩と突くことができました。
まあ、それでも端攻めを足早に目指されると先攻されるので、作戦負けを自認していましたが。
相振り飛車は構想が難しい。

本譜は、ミスに乗じてB面攻撃を成功させて、手堅くまとめられたと思います。
チームは5-2で勝利。


<5R vs名古屋大学>
相手が先手で早繰り銀を目指してきたところを対抗して、角換わり相早繰り銀に。
戦型チェックから、後手番で相手に戦型を委ねれば、この形になることは大方予想できていました。
あと、最近プロの将棋を追うのが疎かになってはいるのですが、早繰り銀の実戦例もある程度出てきたので、一度はこの戦型になるかなと思っていました。

相筋違い角を打つ展開になり、終盤になるまでお互いが居玉という珍しい展開に。
途中明らかに1手パスより酷い手を指してしまい、形勢を損ねましたが、ミスに助けられて勝つことができました。
結局自玉は居玉のままでしたね。

チームは、6-1で勝つことができました。


<6R vs一橋大学>
後手番で相手に戦型の決定権を委ねると、また角換わり相早繰り銀になりそうな気がしました。
ただ、前局の改善点がよく分からないままだったので、指す戦型を変えようと思いました。
ゴキゲン中飛車を選択して、▲一直線穴熊vs△中飛車穴熊。

駒組みを優位に進められると思っていましたが、一直線穴熊でよくある▲8六角の形をうっかりしていました。
いつもなら角を追い返すのですが、研究会での某対局が頭の中に浮かび、▲8六角の形を通してしまったため、作戦負けに
陥ってしまいました。
ただ、下図のように、△3五角と▲3六飛の関係になった形では、相当マシになったかなと思っていました。

2017王座戦6-1

そう思っていた矢先に、ここで▲6四角△同歩▲3五飛△同歩▲6三角と進められてびっくりしました。
▲6四角と切られた瞬間は、ちゃんと指せば勝てる感触があったので、ありがたいと感じました。
ただ、当然局面としてはよかったのですが、玉形の差が大きくまだまだ難しかったです。
その後小さなミスを重ねたので、縒りが戻ってむしろこちらが勝ちにくい将棋にしてしまいました。

2017王座戦6-2

進んで、8二の銀を取られた手に対して取り返した局面。
ここで取った銀を▲8八銀打と埋められていたらまだまだ難しかったと思います。
▲7四桂が見えているので、後手もゆっくり攻めることができません。
実戦は▲7五香だったために、△7七桂不成▲同桂△8九金と進んで勝ち筋に入りました。
最終手の△8九金が当然の一手ですが、スペースを消しつつ相手玉を近づける寄せの手です。
自玉を見なくてもいいので、こういった無理矢理な攻めが利きます。

チームも5-2で勝ち。
今回の京大は、本当に安定感がありましたね。
一軍戦では考えられない戦いぶりでした。


【王座戦三日目】
<7R vs早稲田大学>
全勝対決で優勝を目指すためにも絶対に負けられないところです。

相手は石橋氏で、富士通杯でも当たった相手です。
戦型は相掛かりになり、先手番ながら後手番チックな指し方を採用しました。

下図は、飛車の横利きを通すために突き捨ててそれに対応された局面です。

2017王座戦7-1

▲2二角成△同銀▲7七桂△5四銀▲8六飛△8四歩と進めましたが、そこで▲7四歩が動きすぎだったかもしれません。
と金ができそうですが、後続が難しいです。
また、損な手順でと金を作ってしまったために、明快に苦しくなってしまいました。

2017王座戦7-2

進んで上図では、▲3四歩とすれば難しかったと思います。
桂交換後には、▲7四歩△同銀▲8六桂や▲8一と△同飛▲5四桂の狙いがあります。
ここで時間がないこともあって、ノータイムで▲7四歩としましたが、△7四同銀▲3三歩と進んだときに、△3一金と引かれる手を軽視していて完全に劣勢に立たされました。
駒が前に出ていることがせめてもの主張なのに、手順に出させるのは頭が悪すぎました。
以下は、順当に押し切られました。

僕が負けているようでは、チームはやばいと思っていましたが、大逆転の将棋もあったようで、奇跡的に4-3で勝利できました。
完全に負けだと思っていたので、チームに助けられました。


<8R vs北海道大学>
戦型は後手番で▲三間飛車vs△向かい飛車の相振り飛車になりました。

2017王座戦8-1

ここで、△8四歩と突いて先手の仕掛けを封じられたので、作戦勝ちを意識しました。
この戦型は昔何局も指しているはずなのですが、あまりこういう発想がなかった気がします。
やはりいろんな経験をしてから見る局面は、景色が違うように思います。
今見てみると当然の手なのですが。
先手には指したい手があまりなく、実戦は▲5六歩と指されましたが、△2六歩から横歩を取って、やや後手よしです。
手堅くまとめられたように思います。

チームはまさかの場面もあったようですが、5-2で勝ち。
全勝で立命戦を迎えることになりました。


最終戦は、会場の都合上、持ち時間が40分から30分に変更。
持ち時間が減ったのは痛かったですが、これも仕方のないことでしょうか。


<9R vs立命館大学>
立命館もここまで全勝だったので、全勝対決の最終決戦となりました。
勝った方が文句なしの優勝です。
個人的には、ここまで全くと言っていいほど、状態の良い集中を保てていなかったので、この対局だけは何とか保ちたいという思いでした。

相手は銭本氏で、幾度となく苦杯を嘗めさせられた相手です。
序盤の数手から、菅井先生がタイトルを奪取された戦型を指されそうな気がして、余計な変化で時間を使うのを嫌ったため、角換わりにしました。
この場合、後手の主張としては、飛車先を伸ばす手を別のところに回せている点だと思います。
実戦は、それを活かすためか、△6四角型を目指されました。

2017王座戦9-1

少し無理気味かもしれない仕掛けを決行したのですが、上図まで進むと先手が成功しています。
上図から、▲2四歩△同歩▲4三角成と進めるのが狙い筋で、△4三同金には▲2四飛が受けにくいです。
実戦は△4三同銀でしたが、▲6三金で角が捕まっています。
玉から遠い▲4八金型の長所で、△4七歩成が手抜きやすいので、こういった攻めが利きます。(▲5八金型だと取られた時に玉に近い。)

自分で言うのもなんですが、今大会の自分では考えられないほど、この対局では冴えに冴えわたっていました。
下図まで読み筋通りに進んでいて、着実に一歩ずつ勝ちに近づいている感触を得ていました。

2017王座戦9-2

4七のと金で4八の金を取られた局面。
駒の損得はないですが、手番が握っているのと自玉が一瞬安全なのが大きく、先手が勝勢です。
ここまでは正確に指せている感触があったのですが、ここでフラフラと▲5五馬と指したのが躓きの始まり。
△3三角とされて完全に焦る展開となりました。
8八の地点まで間接的に利いているので、プレッシャーになっています。
△3三角を防ぐために、▲2四金を詰めろをかけてから▲5五馬と引く組み立てにするべきでした。
▲4四歩などで正確には勝っていますが、思い描いていた勝ち方とは違っていて、かなりパニックになっていました。
実際にはミスをしていないのに、それをミスだと感じてしまい、読みに精細を欠いてしまうという完全な悪循環になってしまいました。

実戦は、▲8二飛△5二歩▲4四金と進んで、もうかなりおかしい雰囲気です。

2017王座戦9-3

進んで、△3三金と合駒をされた局面。
実は金合いされる手をあまり本戦に読んでおらず、何を指せばよいのか分かりませんでした。
実戦は、▲2四歩△3二銀と進んで、▲2三金と指したのが敗着で、△2三同銀▲1一銀△同玉▲2三歩成と進んだときに、飛車を下ろされて即詰みです。
それだけ駒を渡せば詰むやろという感じですが。

▲2三金のところでは、▲4三銀が正解でまだ勝ちだったと思います。
この手も当然読んでいたのですが、先まで読み切るには困難な精神状態でした。
また、下段に落として寄せる構想なら、▲2四歩のところで▲3四金と指し、△3二銀▲2三歩△同銀▲1一銀と指すべきでした。
このとき、後手の持駒に金がないのが大きいです。
これなら、一枚違うので先手玉は詰みません。
金合いをあまり読んでいなかったので、下段に落とす順を掘り下げていなかったのが不運でした。

感想戦が一通り済んで、立命館の方が4-3と言っていたのを聞いて、愕然としました。
この一年、満足のいく将棋が指せない中で、珍しく理想的な将棋を最後の方まで指せていたのに、それを落として優勝を逃したのか、と。
勝負とは時に非情なもので、仕方がないと割り切るしかないのですが、この負けはかなり堪えました。

京大は昨年と同じく準優勝に終わりました。


【王座戦を終えて】

続きを読む »

王座戦に向けて

主将の林です。
ほぼ名前だけの存在となりつつありますが。
抜け殻になって生産性のない日々を送っているので、日記でも書いてみようと思います。

最近、部内ではメーリスの黒歴史(?)が話題に上っている気がしますが、僕自身も夜遅くに音楽系サークルのメーリスに対して王座戦の連絡事項を誤送信した記憶がありますね。
まあ、それは笑い話で済んだのでよかったですが。


さて、既報の通り、王座戦の出場権を辛うじて獲得することができました。
一軍戦と第二代表決定戦を簡単に振り返ろうかなと思います。

一軍戦の京大は、全体的に不調だったなというイメージですね。
学業面での疲れが将棋にも出てしまっている気がいました。
まあ、かく言う僕もその一人ですが・・・
個人的に今回は久々に振り飛車を指すかあと思って採用したのですが、全然捌けなくて溜め息が止まりませんでした。
昔はどうやって捌いてたんだろうか・・・
二日目に関しては、体調も管理できていなかったのが反省点でした。
体調崩すと辛いので、皆さん体調管理はしっかりと。

初日に阪大に負けてしまったので、3位で第二代表決定戦に回ることになりました。
大学に入ってからは、3位は初めてな気がしますね。


第二代表決定戦は、一軍戦から二週間後でした。
別のサークルにも参加している身としては、学祭の時期と被っていたのが、地味に痛かったです。
(さらに、三日後に卒論中間発表が控えていたという点も・・・)

オーダーは、交換のときに「あれ?」と思いましたが、一軍戦のときより阪大の柱が一人増えている勘定なので、厳しい戦いになるかなと思いました。
僕は、直近の個人戦で敗れた相手と対峙しました。
中盤の入り口で2回ほどうっかりして、苦しい形勢が続きました。
1時間以上ずっと投了したかったので、本当に辛い対局でした。

局面図は、そういった思いを抱いたまま指して迎えた局面です。
(僕が後手)
2三の金を歩で取られた手に、1二の玉で△同玉と応じた局面です。

2017第二代表

ここで、▲7五金か▲7五歩で負けかなと思っていました。
それらの手に対して、適当な手がありません。

実戦は、▲8六金と指されて、これはきたと思いました。
というのも、△6五銀~△7六銀という筋もあり、先手玉はかなり危ないように見えたからです。
▲8六金以下は、△6五銀▲7七玉△7六銀▲8八玉△8七歩で寄り筋となりました。
対局中は読み切れていませんでしたが、手順中△7六銀に▲同金なら、△8八銀▲6八玉△4八竜で後手の勝ち筋に入ります。
いい練習になると思うので、考えてみてください。

チームとしては4勝3敗で、そのうちの一勝がこれかと思うと、相当肝を冷やしました。
対局中、僕が負けてもチームとしては勝てるかもしれないと思って、何度も投了してしまいそうになったので、そういった面でも危なかったです。


かくして、何とか王座戦の出場権を得ることができました。
今回の京大は、不調の波が大きいと思われる人が多く、全国出場も叶わないかもしれないと思っていたので、本当に良かったです。
代表を取るということは、大変なことだなと改めて実感しました。
幸運にも王座戦に出られることになったので、その日まで棋力向上に励みましょう。
将棋以外のボドゲは控えましょうね。

富士通杯記

こんちゃーす。あーっす。どもでーす。(←完全なパクリ)


名目上主将の林です。
富士通杯後の用事を終え、ようやく時間にゆとりを持てます。
まあ、用事の方は惨憺たるもので、精神的にくるものがありますが…
とりあえず、久々に大会記でも書きます。
いつも通り、かなりの長文になってしまいましたが。

あと、富士通杯に来られていたので直接言えましたが、古森新四段おめでとうございます。
昔から知ってる人がプロになるのは喜ばしいことです。



今回の富士通杯は、チーム成績8勝1敗で準優勝でした。
前回の王座戦と同じく、関西勢ワンツーフィニッシュでした。
また準優勝でしたが、立命館は遠いですね…



京大は2年ぶりの出場。
今回のオーダーは後輩に任せていました。
結構うまくいっていたのではないかと思うので、良かったと思います。
ありがとう。

また、個人的には将棋をする時間が明らかに激減していて、大丈夫かなという一抹の不安はありましたが、一軍戦とかは何とかなってるし、いいかと思ってました。
まあ、この不安はいきなり的中するわけですが…

富士通杯の方は、開会直後から他大のエース格が不在のところがあるということが判明して、波乱の幕開けでした。
(だと個人的には思っていました。)

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。