プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一軍戦 一日目

2回生の宮越です。一軍戦の一日目が終了しました。まだ二日目が残っていますが、いったん一日目で自分の指した将棋を振り返ってみたいと思います。


一戦目の相手は龍谷大学。この日は忙しい人が多く、ベストメンバーのうち3人が不参加という厳しい状態で、オーダー交換のあと、主将が当たりを見て「やばいかも」と呟いていました。
僕の相手は片山さん。「やばいかも」の要因のひとつがここ。棋力は向こうのほうが上で合宿でもボコボコにされているため、負けてもともとという気持ちで挑みました。

戦型は先手中飛車で、中飛車側がが仕掛けを見送り互いに銀冠に組み合う将棋になりました。大会規定で千日手2回で引き分けになるため積極的に千日手を狙うつもりでしたが、▲35歩と仕掛けられると千日手にはならなさそう。ただ、53~44と金を繰り出したところでは金の対比で居飛車まずまずかなー、と思います。感想戦で▲35歩を見送り▲58金から金をひっつける順も検討されましたが、居飛車も△52金~△44歩~△43金と形よく金を使えるので微妙。先手はよくて千日手かも、という結論になりました。
以下は銀をぶつけて玉頭戦に。途中の△82飛車は▲72銀が非常に気になったための着手。実際はそこまで気にすることもなかったようですが。72手目の△84角も怪しげですが、39飛車がいい位置なのでずらそうと指しました。横に逃げるなら△44歩から受けに回ってどうか、▲38飛車なら本譜のように飛車を成っておいて▲78金打がなくなっているうえ35銀に対する37歩も厳しくなっているためどうか、と考えていました。
ところどころぬるかったもののリードが大きかったようで結果は勝ち。予想を裏切っての大きな勝ちでしたがチームは3-4で負け、厳しい立ち上がりとなりました。


二戦目の相手は神戸大学。3敗すると三位以上になるのが絶望的となるので負けられません。
僕の相手は池さん。新人王戦で当たりその時は勝ちましたが、中盤の折衝で苦しくなり厳しい戦いを強いられたので気をつけていました。

戦型はまたも先手中飛車。前に指したときは30手目の局面で▲75銀とぶつける将棋になりましたが、最近はその展開は中飛車側が避けている気がします。今回はいきなり▲55歩と突く鈴木流を選ばれました。
さてこの鈴木流、居飛車がよくなるということは知っていたものの具体的な手順はわからず。▲71角に対して△92飛車▲83銀△69銀▲68金左△58銀成▲同金△62飛車として、▲同角成△同金▲82飛車に△71金を用意するのが有力らしいのですが、当然そんなことは知らず。▲71角と打たれた局面で大長考して92飛車と84飛車を比較していました。
結局△56香が厳しそうに見えたので92飛車と逃げてシンプルに飛車をおろしていきましたが、▲68金左~▲59歩がいい対応で居飛車が苦しそう。力を見せられました。直後の△33桂も秒に追われた悪手で、替えて△58香成▲同金△56金▲44角△33銀としてどうか。以下角を逃げたら△57銀と横から押していく感じです。
本譜は角の入手を見越して絡んでいったもののキレイに寄せられ完敗。チームは5-2で勝ったものの、三位争いが勝ち星勝負になりそうなため痛い敗戦となりました。


三戦目の相手は大阪大学。やはり負けられない、緊張感のある戦いです。
僕の相手は坪井さん。一回生ですが神戸の池さんに勝っているそうで、警戒して対局に臨みました。

戦型は三度先手中飛車。中飛車側から角交換をして5筋の交換を狙う将棋を選ばれました。何度か経験のある形だったので序盤はトバして進みます。
銀を繰り出して歩を打たせて35手目の局面は手が広そうですが、△51金と▲83角の打ち込みを甘くしてから5筋の逆襲に命を懸けました。以下56の地点を目標にグイグイと攻めて居飛車が指しやすそう。その後の△82飛車は悪手ですが悪手は悪手を呼ぶもので、▲57歩~▲46銀は疑問でと金ができては勝負あり。最後はいきなり△39馬から詰んでいますが、詰みより必至ということで。
チームも5-2で勝ち、なんとか繋がりました。

一日目を終えた感想としては、やっぱりレギュラーの方々は偉大だなあ、と、これに尽きます。別段京大の層が薄いとは思いませんが、やはり我々のような控えが出張らざるをえない状況になるとあやしい勝負も増えるわけで、その中で「この人なら勝ってきてくれる」と思える人がいるのは大きい気がします。


二日目が終わったらまた記事を書くつもりなので総括はそこですることにします。

最後に、29日の3局、がんばりましょう。




スポンサーサイト

新人戦

1回生の宮越です。
9月22日、29日に行われた新人戦に行ってきたので、予選から決勝までの6局を振り返っていきたいと思います。

予選一回戦の相手は甲南大学の柴本さんでした。
僕が後手で四間飛車対△72飛車亜急戦となり下図に。
20130922柴本宮越35手
ここは△82飛車とやるべきでした。▲75歩が気になってやめましたが、以下△86歩▲同歩△22角▲76飛△75歩▲同飛△75歩▲同飛△86飛▲77桂△66歩と進んで、銀がどちらに逃げても△88飛成で後手がよかったように思います。本譜は△44角として飛車角交換となりまた△82飛と寄る機会はあったのですがなぜか寄らず、どんどん玉を薄くされて悪くなりましたが、先手が金を捨てて王手飛車をかけた手がいまいちで後手が良くなり勝ちました。

予選二回戦は大阪大学の平尾さんと。9割負けのところで1割の勝ちを拾った感じでした。
僕が先手でゴキゲン中飛車に45歩46銀型で挑んだものの抑え込まれ、下図に。
20130922宮越平尾11手
本譜はここで△64飛だったので▲97角とのぞき元気の出る展開になりましたが、△46歩とされると先手からやる手がなくはっきり負けでした。そして▲97角から少し進んで先手が盛り返したのが下図。
20130922宮越平尾32手
ここでは▲71銀から▲62と、とやる筋しかみえておらず角筋をどかそうと▲77桂としましたが、これが悪い手でまた形勢を損ねました。ここは▲71銀から▲51と、としてけば先手が有望だったようです。51に使う手は盲点になっていました。本譜は▲77桂以下さらに進んで下図。
20130922宮越平尾61手
ここで△65馬なら、玉を69まで追ったときに△87馬ととる手があって後手の勝ちでしたが、本譜は△65金だったので先手が良くなり、以下1回詰みを逃しはしたもののなんとか勝ちました。

決勝T一回戦は大阪商業大学の斎藤さんと。
僕が先手でゴキゲン中飛車にまた45歩46銀型で挑み下図。
20130922宮越斎藤42手
ここは▲26飛としていつでも▲35歩とできるようにしたほうが良かったです。本譜は▲26飛に△42角が気になったので▲75歩としましたが、△65歩と仕掛けるきっかけを与えて損でした。△65歩以下は▲35歩△66歩▲同銀△65歩▲77銀△35歩▲26飛△42角▲76銀と進みましたが、やや先手が苦しいです。その後も△66桂の筋を狙って桂交換を挑まれ苦しい展開でしたが、後手が△56歩と突くタイミングを逃したため逆転し、そのまま勝ちました。

決勝T二回戦は大阪経済法科大学の高橋さんと。
僕が後手で森下システムに対しよくわからない駒組みをして下図。
20130929高橋宮越47手
先手の飛車は一旦38にいってから18へ移動しているので1手得の後手もまあまあやれてるんじゃないかな、と思い△97桂成▲同銀△85歩を決行しましたが、以下▲65歩△42角▲77角と進んでみると容易でないどころか後手悪そう、という局面に。さらに以下△96歩▲同銀△同香▲同香△86歩▲93香成△87歩成▲同金△同飛成▲同玉△86歩と進んで下図。
20130929高橋宮越64手
これには▲同角でも▲96玉でも自信がなかったのですが、本譜は▲78玉だったので△87金から角を取り、△29角から56に馬をつくってなんとかなりました。

準決勝は神戸大学の池さんと。
僕が後手で、先手中飛車対郷田流になりました。
20130929池宮越51手
上図の局面で指す手がわからなくなりました。角は31に引いておいたほうが無難だったように思います。本譜は△43金としましたが、以下▲54銀から金銀交換になり、さらに▲76飛から飛車交換を挑まれ悪くなりました。
20130929池宮越72手
この端攻めに期待したのですが、冷静に同歩とされると、以下△17歩▲同香△16歩▲同香△25銀▲26金で攻めになっていなかったです。本譜は▲91竜△16歩▲18香という対応が微妙で、△36歩から攻めてあやしくなり、のちに逆転し、勝ちました。しかし、前の対局といい今回の対局といい、自分の大局観がの悪さを実感しました。

決勝の相手は大谷大学の太田さんでした。決勝は棋譜をすべて載せたいと思います。
▲7六歩 △8四歩 ▲7八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀
▲6八飛 △4二玉 ▲3八銀 △5四歩 ▲4八玉 △3二玉
▲3九玉 △8五歩 ▲7七角 △5二金右 ▲2八玉 △1四歩
▲1六歩 △4二銀 ▲6七銀 △5三銀左 ▲4六歩
20130929太田宮越23手
出だしのところでは急戦だやったー、と思っていましたが、なかなか動かない69金を見て嫌な予感がしていました。

△7四歩  ▲7八金 △4二金上 ▲3六歩 △5五歩 ▲4七銀 △5四銀
▲3八飛 △4四歩 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 飛 △3三角
▲3九飛 △4三金右 ▲3六銀
20130929太田宮越39手
指し手がわからなくなり、とりあえずといった感じで55の位をとりましたが、3筋から反撃されて気分が悪いです。さて、上図では何はともあれ△22玉から△32金として角の転換を狙うべきでしたが、▲65歩からコビンをねらわれていやだなあ、などと考えていてそうしませんでした。今見るとなんでもないんですが。

△5三銀 ▲4八金 △6四歩
▲4七金 △2二玉 ▲5九飛 △7二飛 ▲5六歩 △同 歩
▲同 銀 △7五歩 ▲5五歩 △6三銀 ▲7五歩 △同 飛
▲3四歩 △2四角 ▲2五銀
20130929太田宮越57手
初心者のような指しまわしで、角を殺されました。ここでは(完全に手合い違いだよなあ)とか(勝てるわけないよなあ)とか考えていました。しかし、泣き言を言っても始まらないので死んだフリをしてチャンスを待つことに。

△3二金 ▲2四銀 △同 歩
▲3九飛 △5七歩 ▲6八金 △3七歩 ▲同 玉 △3四金
▲2八玉 △3五歩 ▲6一角 △2五金 ▲5七金上
20130929太田宮越71手
途中の▲28玉のところでは▲48玉のほうが強かったと思います。そして、この▲57金上が良くない手で、△86歩と突かれて先手が急に忙しくなりました。ここではすでにあやしくなっています。

△8六歩  ▲5四歩 △同銀直 ▲6五歩 △5五歩 ▲同 銀 △同 銀
▲同 角 △7八飛成 ▲5八歩 △5六歩 ▲3三歩 △同 桂
▲3四歩 △5七歩成 ▲3三歩成 △同 金 ▲3四歩 △5八龍
▲4八桂 △5二歩
20130929太田宮越92手
▲54歩から角を捌いてきましたが、こちらも飛車を成れて手ごたえ有り。そしてこの52歩で勝ちを意識しました。

▲3三歩成 △同 玉 ▲3七桂 △4七と
▲2五桂 △4三玉 ▲3四銀 △5三玉 ▲1七玉 △5五龍
まで102手で後手の勝ち
20130929太田宮越103手
強い人でもミスはするんだなあ、と思いました。




今まで個人の大会はだいたい予選落ちだったので、今回の優勝という結果は非常にうれしいです。ただ、内容はお粗末もいいとこなので、肩書にふさわしい力を手に入れられるように精進していきたいと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。