プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支部対抗優勝記

支部対抗西日本大会優勝しました!

0日目
行きの電車内でぐったりしていると目の前のドアから関西若手プロ集団(稲葉、菅井、船江、斉藤)が登場しびっくり。
駅から会場までの道がわからなかったのでありがたくストーカーさせていただきました(笑)
前夜祭では村田女流初段と同席していただきました。電車内で見かけた4名の名前を聞かれほとんど答えられない残念な横。ご本人がそばにいなくてよかったですねぇ。

1日目
予選1R 宮崎子供支部
この大会は初戦からオーダー固定なので、適当にじゃんけんで上から犬、西、横に。
最初にOKさんが相穴熊からひたすら乱暴を受け、最後に間違えて撃沈。
自分の将棋はなぜかろくに知らない新山崎流。
20120422_1.png
ここから△5五桂と打たれ、一直線に攻めあうと△7八角が詰めろでは負けかーと思いつつも仕方なく▲2七飛。
以下一直線にならなかったのでごまかしましたが、実は先の読み筋は渡辺-三浦(先手勝ち)の進展ほぼそのままというオチでした。勉強不足まじ乙ですね。
横は二枚銀。やや悪そうな将棋を相変わらずの腕力でごまかしてなんとか2-1。

予選2R 島根支部
相手大将の方が特に強豪だったようで、OKさんが対一手損から力戦模様の将棋となり早々に負け。
またも後がなくなるが、自分は対藤井矢倉から不利をまくって勝ち、横は相手の変則急戦にうまく対応し無難に勝ちで耐え。

決勝1R 富山支部
OKさんが対角交換振り飛車で初白星。副三は圧勝で順調にベスト8到達。

決勝2R 彦根支部
副将の方が全勝ということもあり、気合を入れて臨む。対四間銀冠に熊を採用し、うまく距離をとりつつ攻めあって快勝。
OKさんは強豪相手にゴキ中採用し負け。横はシステムでよれたものの勝ち。
この時点でベスト4となり支部対抗卒業が確定。

2日目
準決勝 熊本支部
最初に自分の将棋が終局。対右玉で飛交換されるのをうっかり。
20110422_2.png
ここで▲5八銀が悪いなりに冷静な一手か。以下△8一香に▲9五歩から無理やり手にして逆転に成功。
横は相変わらずのシステム。
20110422_3.png
これが自信ありらしいですがほんとなんですかね。以下混戦の末勝ち。
OKさんも敗勢の将棋をいつのまにかまくって勝ち、3-0でいい感じに決勝進出。

決勝 島根支部
先手を引くも打開できず。実はスーパーうっかりをしていたものの双方気づかず千日手。
両隣を見ると、OKさんは優勢そう、横はどうしようもない圧敗で相変わらず負けられない感じでした。
指し直し局は普通に悪くなるも、相手の1手のミスから駒の働きが逆転し気持ちよく勝ち。終局して両隣を見ると大将戦が詰まされていそうでだめかと思ったら、三将戦がなぜか勝ちになっていてまさかの優勝。

優勝したものの成績や内容が残念すぎたりタイミングを逃したりで一同まったく盛り上がらず。
個人的には久々の大会を楽しみつつ結果も出せて満足です。

来年はまた誰かが優勝してくれるでしょう。期待してます。
スポンサーサイト

王座戦記 に

部内戦や研究会等のおかげで調子はまあまあといった感じに仕上がり、いい将棋が指せればという感じでした。

1R 福岡大 中野氏
僕後手。振り党と思っていたら▲7六歩△3四歩▲2六歩でしびれ。仕方なく一手損を採用し、棒銀-右玉に。相手の変化をとがめて良さそうなものの、暴れられて実戦的には勝ちづらい展開。難解な局面で3手先の手を指して王手竜で終了。相手が強豪とはいえ負け方が残念すぎて萎え。それにしても一手損とかほんと向いてないです。

2R 岡山大 山田氏
僕後手。ノーマル四間▲5六銀型に穴熊から駒を繰り替えるやつ採用し楽に作戦勝ちから捌け形。楽観から1手パスみたいな手を指し形勢急接近も、相手にも悪手が出て耐え。王座戦らしく?終盤にビッグ4を再構築してから寄せて勝ち。

3R 早稲田大 溝上氏
僕先手。一手損に指しなれた早繰り銀を採用するも、最近良く見る△7三銀型にされて方針が分からず。考えても仕方ないと思いふらふら指していると打開できなくなり千日手。
指し直し局は先手藤井システム模様に西浦説の?△1二香。さて仕掛けるか、というところで△7五歩を突かず単に△6四銀としてしまい▲7八銀で仕掛けられなくなる。まあ穴熊組んどけばいいか~と思ったら・・・
20111225_1.png
色々欲張りすぎ&考えてなさすぎて終了形。どうしてこうなった。以下ひたすら玉頭攻めを受けていると、意外と決め手がなく駒損ながらしのぎきった感じに。寄せるまでは大変な局面で飛車交換に応じてきたため一瞬で敵玉が寄って勝ち。内容はゴミだったものの、とりあえず早稲田に勝てて自信回復。

4R 信州大 田尻氏
僕後手。またノーマル四間で、開始2分で△4二角が受からない形に。相手が終始弱気だったため攻めて快勝。

5R 東北大 おやすみ
観戦。チームとしても個々の将棋にしても、勝つのはほんと大変と感じました。

6R 名古屋大 宮嶋氏
僕後手で相矢倉旧24手組。▲4六銀が遅かったので△4五歩と反発してみたくなり、4・6筋に位を取り合う形。銀が一枚多くくっついている分良いはず、と思うも自信のある順が見つからず時間だけがなくなっていく展開。なぜか飛角交換になるも意外と難しく、攻めがつながれば良くなりそうなのが図。
20111226_1.png
ここで△6六歩▲同金△6九飛が狙い澄ました攻め。▲7五歩を誘って△8四飛~△8六歩▲同歩△同飛の十字飛車が炸裂し終了。どうやら図の少し前の先手の指し手に問題があった模様。

7R 東京大 入江氏
高1の時以来数年ぶりの対局。並んでいた駒を整え気分を高めていると・・・
20111227_1.png
これが東大生一流の勝負手かと1分ほど感心するも、冷静に指摘して対局開始。(もともとそうなっていたので気づかなかったみたいです、念のため。)
僕後手で▲7六歩△3四歩▲2六歩。一手損は初戦で封印、横歩は個人戦で封印となるとこれしかない、という感じで気合のシステム採用。互いに角を打ち合う形から右銀保留を生かして棒銀を見せたのに対し、▲7五歩~▲7六銀と工夫されて図。
20111227_2.png
ここで△7四歩▲同歩△7二飛▲8五銀△9四歩!と仕掛けてみた。図で△9四歩は▲8八玉と換わって仕掛けにくくなりそう、という意味。後手番で一歩損ながら主導権をにぎる自分らしい展開だと思う。進んで図。
20111227_3.png
ここで先手の指す手が難しい。本譜は▲4六歩△同歩▲同角に△9三桂▲8六銀△3三角が非常に味のいい活用で良くなったと思った。以下先手にミスが出てわかりやすく攻めがつながる形となり緩まず勝ち。色々つついた形なので、序中盤で読みを省略できたのが大きかった。良い内容でチーム勝ちにつながり非常にうれしかったです。

8R 立命館大 中川(慧)氏
また後手で同じ出だしだったので味をしめてシステム採用。分岐点となったのが図。
20111227_4.png
飛車を避難して3or5筋の歩を換える感じと思い、自然に見えた△5二飛▲6五歩△5五歩を選ぶも、▲同歩△同銀▲6一角△8二飛▲6六銀右△4四銀▲7五歩で身動きがとれない形。以下と金損が残り差が縮まらず圧敗。図では△2二玉~△4二飛で3筋を開拓すればまずまずでした。

9R 北海道大 小林氏
また後手で同じ出だしだったのでシステム採用・・・のつもりが飛先を決めてこなかったので相矢倉。名大戦と似た形に誘導し互いに動きづらい形から勝負手を通して駒組み勝ち。暴れさせて反撃して終了形から、寄せが雑になったものの勝ち。時間に差をつけていたので他の将棋も見ていましたが、特に下4人があまりにもらしい将棋で面白かったです。

結果は3位でしたが、東北戦も立命戦も決して勝てない感じではないものの、あと一歩がかなり遠いな、と感じました。
それでも厳しい戦いが予想される中でここまでの結果を出せたのは自信につながると思うし、来年以降は王座戦優勝をぜひ達成してほしいと思います。

最後に、応援に来ていただいた先輩方、裏方として頑張ってくれた人、BOXで将棋を教えてくれた人、などさまざまな点でお世話になったすべての人に感謝します。ありがとうございました。

百?

勉強の合間、気分転換に24指そうと思ったら
>★24サーバ電源トラブル中
>大阪道場の自由対局室と掲示板は稼働しています。

その結果なぜかこうなった。
[today] 35勝 15敗

半分で心折れました。
もし暇な人がいたら後半戦よろしくお願いします。

王座戦6

忘れないうちに王座戦記

1日目
1R 九州大 赤崎戦
相手の先手中飛車に対して5筋突くクマー。仕掛けを適当に余して優勢になり、最後は読みきって見切り勝ち。

2R 東北大 稲田戦
また先手中飛車されたので気分を変えて5筋突かないクマー。しかしこの戦法は嫌な思い出しかなく、今回も序盤がぬるく圧敗に。
しかし相手にもミスが出て喰い付く形になり、だんだん攻めが太くなってなんとか勝ち。

3R 中央大 奥村戦
また後手で、先手ノーマル三間だったのでまたしてもクマー(それしか知らない)。攻める振り飛車党と聞いていたのでいろいろ警戒した結果ナンセンスな駒組みに。
捌きあった局面は穴熊ということもあり大変だったが、攻め方を間違えて敵玉が全く見えなくなり負け。これは実力不足が露呈した将棋でした。

2日目
4R 広島大 山崎戦
またまた先手中飛車されたのでまた5筋突かないクマー。普通に組み合ったつもりが作戦負けに。さらに終盤の入り口で形勢を悲観しすぎて大暴発をしはっきり負けに。ところが、相手がやや危険な順を選び、最後は合駒を間違えたため頓死勝ち。
余談ですが、隣が終わったときS野が「今2-3です(実際は3-2)」とか言ってるのが聞こえてむちゃくちゃ焦りました。結果的にそれが良い方向に出て?よかった。

5R 名城大 岡田戦
筋違い角四間をされ普段なら嫌がるところですが、正直穴熊(笑)から開放されたのがうれしかった。将棋の内容は相変わらずで、固めてから無茶を通して快勝。

6R 信州大 佐藤戦
やっと先手を引き、後手無理矢理矢倉から相矢倉。序盤からポイントを重ねて良くなるが実際は微差だったようで、なんとかなると思って仕掛けたもののなんともならず手負けコースに。ところが相手の迫り方がまずく、ゼットが発生したのでラッシュして勝ち。

3日目
7R 立命館大 上田戦
また後手番でやむなく一手損。相腰掛銀から4七金型で仕掛けられたが、実はこれは少し前にY岸と検討した形で後手やれるとみていたし、実際相手も自信がなかったらしい。しかし中盤で手の組み合わせを間違えたようで、気がつけば最後はぴったり負けになっていました。


今回は王座戦直前に絶不調モードに突入したこともありかなり萎えてましたが、内容はともかく一応の結果が残せて、そしてなにより久々に将棋が楽しいと思えてよかったです。これから暫くは将棋をする時間も少なくなりそうですが、この気持ちだけは忘れずまた1年やっていきたいと思います。

支部名&個人戦予選2日目

先週の支部名団体は準々決勝で相手の新構想に対応しきれず作戦負けから圧敗。チームもそこで負けて去年に続きベスト8止まり。来年こそは・・・出れるんだろうか?

今日の個人戦はブロック準決勝で遅刻不戦敗しそうになり、決勝では相手の角交換振り飛車に対し動くタイミングを間違えて以下どうしようもなく圧敗。1回生2人をはじめ厳しいブロックが多かったこともあり2日目の予選通過は0と冴えない結果に。主将が負けるとは話にならなさすぎて申し訳ない。

両方ともダメすぎる結果になりさすがに反省。明らかに実戦不足なので部内戦の消化と一日一24をノルマにとりあえずはアマ竜王に臨みたいと思います。

本戦に出る5人はがんばってください。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。