FC2ブログ

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2020年 09月 【5件】
2020年 08月 【6件】
2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【7件】
2020年 05月 【5件】
2020年 04月 【4件】
2020年 03月 【3件】
2020年 02月 【4件】
2020年 01月 【2件】
2019年 12月 【4件】
2019年 11月 【6件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2018年 12月 【3件】
2018年 11月 【1件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 01月 【5件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

自己紹介


初めまして。南出さんからバトンをうけました、工学部1回生の本田知里です。遅くなって申し訳ありません。初めての投稿ということで、自己紹介をさせていただきます。

将棋は、幼い頃祖父の影響で始めました。祖父がコンピュータで将棋を指すのを見て、こんなに面白いゲームがあるのかと、幼いながらも感動したことは、今も鮮明に覚えています。居飛車党ですが、あまり定跡にとらわれずに好きな形を指すようにしてきました。中終盤のねじり合いを特に好んでいます。

4月に入学して以来、ありがたいことに部の皆さんと対局させていただく機会が何度かありましたが、思っていた以上に強い人ばかりでした。このような環境で将棋を指せることにとても感謝しています。コロナの影響により、十分に活動できていないサークルや部活動も多い中、オンラインとはいえ本来の活動をできているというのは素晴らしいことだと思っています。欲を言えば、やはり盤を挟んで将棋を指したいと考えていますが、、

この辺りで将棋以外の自己紹介も少しさせてください。主な趣味は音楽を聴くことです。最近は特に [Alexandros] や Hump Back などを聴いています。他に統計学も趣味の一環で進めています。とはいえ、そのうち嫌でも学習することになりそうですが笑

さて、もうすぐ後期が始まります。
(僕が「ガンダム」に気づくのが遅れたせいです、申し訳ありませんでした。)
自分はどうやら後期も完全オンラインになりそうです。部室の使用も可能になりそうな状況のなかですが、おそらく後期も実家で過ごすことになりそうなのが残念です。4連休による観光地の賑わいを見ると、なぜ未だに大学は対面を再開しないのかと疑問に思うところです。

まとまりのない文章になってしまいました。ここまで読んでくださりありがとうございます。

次は同じ1回生の岩田君にお願いしたいと思います。
スポンサーサイト



ガンダム

はじめまして。戸村君からバトンを受けました、理学部2回生の南出です。
主に居飛車を指しています。角換わりでは今まで腰掛銀中心だったのですが、真剣に勉強を始めてみると変化が多岐にわたり私の手には負えそうにないので、腰掛銀よりは覚える量が少なくて済むのではないかという下心から今は早繰り銀や右玉に挑戦してみようかと思っています。

さて、このリレー日記、何を書こうか迷ったのですが、家に籠りっきりで人に語るような出来事もないので、日記というのとは違うかもしれませんが、私の好きなアニメであるガンダムシリーズ、特にシリーズの最初である『機動戦士ガンダム』(所謂ファーストガンダム)について少し書こうと思います。
ガンダムシリーズの魅力は、なんといってもそのリアルな世界観です。まず、ともすれば「平和を乱す邪悪な敵を正義のヒーローが倒す」というチープな善悪二元論で片付けられがちだったロボットアニメに、「どちらが正義か悪かは簡単には言えない」という視点を持ち込んだのはファーストガンダムの功績だと言われています。実際、主人公のアムロが属している地球連邦は地球に住む者の都合をスペースコロニーに住む者たちに押し付ける高慢な官僚たちによって支配されており、一方のジオン公国は、表向きはコロニーに住む者の独立を標榜して地球連邦に戦争を仕掛けますが、その実情は選民思想に染まったザビ家による独裁国家です。また、家族を養うためにスパイとして戦争に加担する民間人や脱走兵といった「脇役」にもスポットライトが当てられていることも注目に値します。このように、奥行きに富んだ世界観を持つ『ガンダム』は現在でも十分鑑賞に堪える優れた映像作品だと思います。私の拙い筆致で魅力が上手く伝わったか分かりませんが、少しでも興味を持ってくださった方はぜひ一度アニメを鑑賞してみてください。

最後に、自分にしてはうまく作れた(と思う)詰将棋を2問出題して終わりにしたいと思います。10手台と20手台です。ご笑覧ください。(答えは一番下に載せておきます。)




スマホ詰将棋パラダイスというアプリにも高等遊民(2368)という名前で作品を投稿しているので、見かけたときにでも解いていただけたら嬉しいです。

後期の講義もオンラインで行われることが決定し、どうやらもうしばらく自粛生活が続きそうですが、コロナ禍が収束して皆さんとまた対面で将棋を指せる日が早く訪れることを願っています。

次は、1回生の本田君にお願いしたいと思います。ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

詰将棋の答え
1 33銀成、同桂、21角、32桂、同龍、53玉、45桂、同桂、54金、同玉、52龍まで11手詰
2 31金、同銀、33桂、22玉、23銀成(不成)、同玉、34馬、22玉、14桂、同香、21桂成、同玉、12角、11玉、23桂、22玉、21角成、13玉、12馬、同玉、11桂成、同玉、13香、22玉、12香成まで25手詰

ネット団体戦

こんにちは、京大法学部2回生、棋書係の金尾です。コロナ禍で対面将棋を指さなくなって気がつけば半年近く、BOXで過ごした時間が懐かしいばかり。因みに法学部は録音音声配布&オンラインテストという徹底ぶりだったので前期は結局一回も大学に行くこともないままでした。バイトも何にもしていない僕にとってこの期間はあまりにも暇だったのでクラシックギターを買って適当に毎日弾いていると、以前に比べてそれなりに曲を弾けるようになりました。やっぱり毎日の練習は大事ですね。去年僕はギターサークルに入って初めてギターを始めたのですが、結局気がつけば将棋部にばかり行くようになってしまいギターの腕は初心者同然のまま一年間を過ごしてしまいました。まあそれはそれで棋力が向上したはず?なので全く良いのですが、ギターを習得しようという入学当初の意気込みは完全に忘れ去ってしまっていたので、この機にギターの腕を少しでも上げようと思います。
ところで、夏休みがどうにも暇なのでオール学生に応募した結果、落選。まあ仕方ないかー、と思ってると数日後にメールが。
開いてみると、「繰り上げ当選」という文字。何だそりゃー、そんなことあるのかと驚きましたがせっかく得た出場権。勝ち上れるように頑張りたいと思います。

さて、本題のネット団体戦について。
久しぶりの30-60の将棋なので気合を入れて臨みました。僕は4将で出場し、渡邊氏と当たりました。
僕が後手番となり、戦型は横歩取り→青野流となり図。

ここまで消費時間3分というハイペースで進め、相手に自陣飛車を打たせて竜を作ることができたので指しやすさを感じていましたがここで82歩と打たれ、手が止まりました。この歩の対応が意外に難しく、考えているうちに何だ、そこまで良くもないのかと少しがっかりしながら73桂と跳ね、と金を甘受。以下、進んで図。

83歩は着実な攻めですが、少し攻めが遅いようなので攻めていきたい局面です。しかし、焦って75歩を突くと74歩で先に桂を取られてしまうのが嫌なので実戦は44竜、と一呼吸置きました。この手自体は脅威でも何でもないので結構抵抗感がありましたが、82歩成、75歩、72歩、76歩、71歩成、51金と進むと先手の攻めは渋滞している感があり、局面に自信が出てきました。44竜は45に桂を打ったり跳ねたりするスペースを作っているので考えてみれば悪くない手だったのかもしれません。
以下、実際に45桂打の筋が実現して図。

挟撃されている格好ですが、61金、同との時に詰めろになっていないのでそこで67銀と押さえ、これがほぼ必死なので勝ちを意識。実戦は58金打に87角と打ち、即詰みとなりました。
振り返ってみれば特に悪手を指した感じもなく、いい内容の将棋が指せた気がします。

さて、「夏休み」ですが、はっきり言って「休み」とか言ってもパソコンで授業を受けるかどうかの違いなので感覚的にはずっと「休み」が続いてる感じで特に夏休みだ、とかいう実感はないんですよね。予定も特にないので免許でもとろうか、とかいろいろ考えてますが、とりあえず目先の将棋大会を目標にして研鑽する所存です。
それでは。

自己紹介

 田中君からバトンを受けました、京大経済学部2回生の戸村駿介といいます、遅くなりました。将棋部に入部して1年半ほどたちますが、まだ将棋を指していない部員の方も多いと思いますので、ここで自己紹介していきたいと思います。
 
 振り飛車党で、最近は角交換振り飛車を主に指しています。振り飛車の中でも中飛車や振り飛車穴熊はあまり指したことがなく、いずれ試してみたいと思っています。私が将棋を始めたのは3年前ほどで、藤井聡太当時四段の活躍や3月のライオンというマンガに影響されて始めたのがきっかけでした。高校時代は将棋部に所属していなかったので、この将棋部に入る前はオンラインの対局ばかりで人と向かい合って指すことはほとんどありませんでした。そういうこともあって、この1年半、将棋部で指せたことはとても刺激的でした。感想戦で学べることも多く、棋力もかなり伸びたと思います(とはいえ将棋部には到底歯が立たない人ばかりですが)。現在はコロナの影響で部室にも行けない状況ですが、自分なりに勉強しています。Youtubeで強い人が指している動画を見るとその人の考え方などがよくわかるので、非常に勉強になっています。

 他のことに関する自己紹介も少し書いておきますね。野球観戦は昔からの趣味で、阪神とロッテのファンです。かの有名な2005年の33-4の日本シリーズの頃はおそらく興味を持っていなかったので、リアルタイムでは見ていませんでした。またこの組み合わせを見てみたいものです。鉄道が好きで、いろんな地域の鉄道の写真を撮って回ったりもしています。大学には大阪の実家から通っていて、今も大阪の実家で過ごしていますが、前期は大学の図書館が使えないのが痛かったです。今まで自習は基本的に大学の図書館で済ませていて、家で勉強する習慣をつけていなかったせいで苦労しました(笑)。しかし、今回のコロナ騒ぎをきっかけに将来はテレワークが推進される社会になるかもしれません。そうなったときのために、家でのセルフマネジメントもできるようにならないといけないと感じさせられた半年間でした。

 また対面で将棋を指せる日を楽しみにしています。 次回は2回生の南出君にお願いしたいと思います。

元素の話

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE