FC2ブログ

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

月別アーカイブ

2019年 03月 【1件】
2018年 12月 【3件】
2018年 11月 【1件】
2018年 09月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 01月 【5件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【2件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【2件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【2件】
2016年 06月 【3件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【5件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【10件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【10件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【11件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【7件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【4件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【16件】
2008年 04月 【27件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【12件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【7件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【12件】
2007年 02月 【7件】

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

リンク

学生選手権個人戦

お久しぶりになります、将棋部随一の暇人こと青木です。
先日行われた学生選手権の個人戦に出場してきまして、過去最高のベスト32まで進んだところみんなから日記を書け書けと煽られたので適当に書きます。あ、これ見た部員はみんな書いてね。書くよね……?



色々あって一年ほど将棋をやめていたのですが、年末ごろから将棋少しならやってもいいかなという気分になってウォーズを再開してました。まあ1日三局だけですが、やってみたら前くらいの達成率まで行ったのでまだそんなに弱くはなってなくて安心しました。
大会自体はそこまで出る気はなかったけど、暇だったのと団体戦で京大Aが2日目に残ってたので(団体2日目と個人戦が同時)その応援に行くついでにせっかくだしなぁと。事前申込とか当然してなかったのでキャンセル待ちでしたが。
あっ、団体戦の方は誰かが書いてくれると思うのでそっちを読んでくださいね。書けよ?

久しぶりの大会だったので(出て指すのは一年半ぶり?)予選はちょっと緊張してました。読みも結構抜けてて危なかった。(将棋再開したの他大の人にバレたくないし)予選敗退で目立たずに消えとことも思ってたんですが、なんとか予選は抜けられました。
三局目で知り合い(というか乃木坂好き仲間)と当たったのは痺れ不可避でしたが。勝因はななみんの生誕Tシャツです。ななみんありがとう。


本戦では一回戦危なくなりながらも勝って、トーナメント表見たらシードになってたのでこの時点でベスト64です。ああっ少し目立ってしまったっっ…!
しかし次の相手が前年度の選手権者の竹川氏で、もうほぼ諦めてました。
その一局は僕後手で、ゴキ中に丸山ワクチンされ中盤で図のように。
vs竹川1

この辺でこちらは少し悪いと思ってたんですが、実際はむしろ後手持ちみたいです。この3二銀打よりは5三桂成が嫌だったですね。
実戦はここから4四角同角同金2一銀不成4五金4一飛4四角と進み、4四に角を設置できたので勝負になる形になったと思いました。さらに4三角6五桂打5四角成7七桂成同金寄6五桂打と進んだ次の図。
vs竹川2
ここで先手は8九桂から千日手を選ぶ(5五桂でも結局千日手になりそう)しかなかったようです。実戦は4五馬だったので清算してなんとか詰ましました(詰みが最初見えてなかったのは内緒)。

なんと勝ってしまいました…。これでベスト32、あと一つ勝つと二日目に残ってしまいます。ひえっ目立っちゃった…。

最後の一局は早稲田の銭本氏と。言わずと知れた超強豪で、さっきの勝ちで運は使い果たしただろうしもう駄目だなと思いつつ対局に臨みました。僕先手で先手中飛車vs一直線になり、
ぜにー1

この局面で9五角8三飛7五歩同歩7八飛と進めて優勢を意識しました。とは言っても相手穴熊なので大変なんですが。
向こうも暴れてきますが優勢(+1000点くらい)を維持したまま終盤に入り次の図。
ぜにー2
ここは6一飛などと飛車を下ろしておく方が良かったです。本譜は5二歩成だったのですが、3五金同飛同角3三歩と進んだ時の速さが段違いです。
少し進んで、
ぜにー3
嫌らしく叩かれたところですが、ここは強く3三桂不成と踏み込むべきで、それなら手勝ちしてそうです。本譜は日和って同金と取り、そこで2四桂がまた嫌らしい。3三桂不成同金と進んで、そこでまだ4一飛なら怖いながらも頑張れた気がします。実戦は3六歩と打ってしまい、これが敗着。あとは殺到されて負けました。いぃやぁ、30秒じゃ読みきれないわ…。
割と目の前まで勝ちが近づいてただけに悔しいですね。しかし実力以上のものが出せたと思うので全体的には満足でした。



久しぶりの大会でここまで進めたのは幸運もあったし出来過ぎだとは思います。
あとは、前に王座戦について書いた時に記した「僕は出たら他大のレギュラー陣を相手にしてもそこそこ勝てると思っているし、エースと当たってもいい勝負くらいはするという自信、プライドを持ってここまでやってきました。出番がなかったとしても、です。」という言葉を今回の結果で示せた気がして、それが一番嬉しかったです。勿論今回の自分はノンプレッシャーだったので、王座戦のような環境で指してどうなってたかなんてわかりませんが、それでもここまで勝負できたのは大きな自信になりました。出て良かったなぁと思います。

これくらいで今回の振り返りは終わります。思ったより長くなってしまった…。
他の人も書いてね!!


あ、最後に今更ながら。新入生の皆さんご入学おめでとうございます。京大将棋部へようこそ!
僕は暇なので割と部室にいると思いますし、気軽に絡んでくださいね。乃木坂の話とかすると喜びますんで。
スポンサーサイト

秋季個人戦を振り返る

こんにちは。
まだ部長と呼ばれ慣れない秀嶋です。
17日に数日後また書きますと言いながら約2週間経つという笑
すいません。

えっと、では秋季個人戦予選一回戦の阪大のYさんとの対局を振り返ります。
私が先手で戦型は流行の角換わり腰掛銀です。

そろそろ仕掛けないといけないかと▲45歩と仕掛けました。
そして△41飛▲44歩△同銀▲45歩△同銀直▲同銀△同銀▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲26飛と進みました。
はい、読んでる方も思ってるでしょう。お前なにやってんの…(呆れ)って。
▲45歩打つなら45で全部清算しろや!▲26飛って何だよ!
次△36銀ありますね…
しかも△59角の筋痛いし…
仕掛けからは▲45歩△41飛▲44歩△同銀▲45歩△同銀直▲同桂△同銀▲同銀△同飛▲47銀が自然でしょうか。
あとは△45銀直のところで△55銀左もあるでしょうか。
難解ですが互角ですね…。
さて、本譜に戻りますが、
△36銀、△59角のどちらの筋もされなかったのですがまあ形勢は悪く…
一回疑問手などで互角あたりまで戻りましたが…はい、受け間違える。
形勢大体-1500点くらいに。

ここの▲44歩。△同玉でも64の逃げる地点もあり詰まず負けなのですがお相手の手は△42玉。
▲43銀から飛車が成れるので元気が出てくる。
△同金▲同歩成△同玉と進み▲23飛車成りに馬を引いて受けられましたがお代わりの▲44歩が叩け一転有利に。
しかし、またも受けを間違え、形勢はまさかの微妙に笑

△26歩に逃げ道を増やそうと▲45桂。悪手感漂う。
△37歩と叩かれて気づく。やばっと焦り桂先の玉だ!と▲28玉。
はい、大悪手。
△19桂成で顔面蒼白。
こういった筋が見えないのは本当に良くないですね…
逃げねばと王手竜覚悟(紐はついていますが)の▲37玉。
意味がわからない。あと君、先に31竜って王手して王手竜回避できるよ。。。
などと波乱でしたが、お互い悪手疑問手の応酬の中なんとか入玉が確実になり優勢に。
最後はしっかり寄せきりました。


あれ?私、怪しい手しか指してない。
うーん、やはり私ひどいですねえ笑
結局2回戦は対三間にいいところなく中盤で劣勢になりそのまま無理攻め通らず完敗。
体力も棋力も全く足りてないことを痛感しました。
二回戦は載せないんかいと言われそうですが載せません。
書いてて疲れてきたのと、これにまた敗戦譜は精神的にくるので…笑
ちゃんと検討、反省しているのでお許しを。

こんなだめだめな私が部長というのも恐縮ですがまあ部長なんて実際はただの雑用がかr…
とはいってもこんなんではだめですわ。
序盤中盤終盤隙だらけ………って流石に笑えない。
しっかり勉強します。

光った手もなく、勉強になる筋もないよくわからない記事、
いやもうただの恥さらしでしかない記事ですがこれにて以上です。
ありがとうございました。

続きを読む »

君たちはどう強くなるか

どうもへとです。吸血鬼(アニメ)が最終回終わって虚無ってたら、新年からabemaで日替わりでやるそうです。
あぁ^~心がチュッチュッするんじゃぁ^~(←あんまりはやらなかった?)

今年1年は京大としては息を潜める結果になりました。簡単に振り返っておきます。
春個人 今年は代表者なし
団体 立命館に負けて第2代表へ。いつもの流れ。
第2代表 阪大に負ける。
秋個人 代表は遠い
団体 普通に負ける。
1回生はかなり頑張ってくれました。

春に関しては私の実力不足で済みますが、秋は全体的に力が足りてない感じがしました。ただ、去年より部室が賑やかなので、実戦不足というよりは、知識不足なんじゃないかと思っています(後述)部室のこの状態を維持しつつ、向上を目指してください。

じゃあ、どうやって強くなるのか、といったときに、よく言われるのは「実戦、本読み、詰将棋」ですが、大まかにいえば「知識と地力の強化」です。
①知識の強化:ある形に対して、こういった手がある、こうした前例がある、と知っていること。主に、棋譜並べ、ソフトを用いた研究が当てはまる。
②地力の強化:ある形に対して、こういう手があるんじゃないか、と自分で考えること。主に実戦、詰将棋が当てはまる。
それぞれの役割としては①は「自分が劣勢にならないため」、②は「自分を優位に持っていくため」です。
そして、一番重要なのは、「自分に何が足りてないか、を自覚していること」です。当然といえば当然なのですが、基本的に部室では指してる姿しか見てないので、本当に大丈夫か非常に怪しい(杞憂だったらいいなあ)
ちなみに私も知識不足でした。四間飛車の棋譜が圧倒的に足りなかったから。今はだいたい解決したけど。
あとこれに個人差はないと思ってる、あるとしてもそれは成長速度の問題だと思うから、伸びないって人はやり方が悪いんだと思う。

とまあ、自分なりに強くなる方法を書いてみたけど、何事に対しても「自分は何が足りていないか」を自覚することって重要だよね。これで、部内向上することを願う。
あと、やりたい放題不定期で挙げるので、宣伝
ほなまた

続きを読む »

挨拶

こんにちは。
14日の金曜日から新しく部長となりました一回生の秀嶋です。

一回生が今まで日記を書いておらず、流石にもう誰かが書かないとよくないですし
雑用…いえ、部長となったついでに私が書いている次第です。

色々至らない点は多々あると思いますがこれから仕事を頑張っていきます。
少なくともBOXには今まで通りよく来ます。
将棋の実力に関しても、まだまだ先輩たちの力になれてない…というよりも全くですので精進します。

今回は新部長就任の挨拶のみとしてこの辺で。
これからよろしくお願いいたします。

続きを読む »

一軍戦を振り返って

 みなさん、こんにちは。
 一応あと2週間だけ部長でいる、野末です。
 日記を書くのは1年半ぶりです。本当は1月とか3月に書こうとも思っていたのですが、急に忙しくなったりして書く機会を失ってしまいました(言い訳)。
 今回の日記では、秋季一軍戦を振り返ってみたいと思います。既報の通り、一軍戦は2勝3敗の4位となってしまい、京大の定位置だった第二代表を逃すどころか、第二代表決定戦にすら進めないという、残念な結果となってしまいました。
 後述しますが、色々あって、1回生後期から1年あまりにわたって、将棋へのモチベーションは低いままでした。今回も一軍戦直前まで、東北に旅行に行ったり、某バイトで忙しくするなど、なかなか将棋の時間をとれませんでした。

【1日目】
 とはいえ、今回こそは代表をとりたい、と思って臨みました。ただ、前日の突発的研究会に参加しない時点でやる気はどうなんだという感じでしたが… 

<1R 同志社大学戦>
僕は出場しませんでした。中盤くらいでは大体良くなっていて、みんな強いなー、と思いながらTwitter実況していました。チームは6-1で勝ち。

<2R 神戸大学戦>
 対戦相手は田和君。戦型は中飛車を選択しました。相手の踏み込みがすごく、さすがに無理攻めだろうと思ってはいたのですが、意外と怖い展開になっていました。その後相手の攻めをかわして反撃に転じることができ、勝ちになりました。しかし、チームは2-5負け。春には6-1勝ちしていたこともあって、このあたりから嫌な予感はしていました。

<3R 大阪大学戦> 
対戦相手は水谷君。高校のときは高校竜王戦の奈良県代表を争う仲でした。戦型は相振り飛車になりました。相手が早めに72銀として美濃を明示してきたので、角交換を迫って未知の将棋に持っていきました。積極的に指したかったことと、水谷君の調子を考えると普通に相振りを指した方が負ける確率が高そうに思えたことが、僕にそう決断させました。それが功を奏したのかわかりませんが、(僕としては珍しく)作戦勝ちの展開となりました。相手の猛攻もありましたが、少し残していたようで、勝つことができました。チームは2-5負け。京大は初日を1-2で終えることになりました。

【2日目】
1日目に幸運にも2勝できたので、その勢いを買われたのかわかりませんが、2日目も2局とも出してもらえることになりました。特に立命戦は(個人的に)三度目の正直で絶対に勝ちたいと思っていました。僕自身も、この1週間は珍しく将棋に真剣に向かっていた気がしますが、24でもboxでも将棋は負けてばっかりで、決して調子は良くなかったので、不安を抱えながら2日目に臨みました。

<4R 関西学院大学戦>
 対戦相手は岩瀬さん。戦型は相振り飛車となりました。相手が4筋の歩を伸ばしていたところで角交換したため、指しやすい展開にできました。終盤で決め方が分からず焦ったりもしましたが、飛車を切って必死に持ち込む筋を発見でき、無事に勝ち切ることができました。チームも6-1勝ち。

<5R 立命館大学戦>
 対戦相手は栗田さん。4Rの他大の結果により、この立命戦で勝たないと第二代表決定戦に進めない、という厳しい状況になりました。戦型は一つ覚えの石田流。ですが、左美濃に囲う途中で72飛として飛車先逆襲される筋をされて、「研究忘れてたー」と思いかなり焦っていました。予定外の長考を強いられましたが、どうにか事なきを得ました。その後、幸便に向かい飛車に振りなおすことができ、最終的に角桂交換に持ち込むことができて、優勢になりました。ところが、攻防とばかりに打った角があまり働かず逆に狙われたりして、かなり怪しくしてしまいました。角を見捨てて飛車を成り込むといった非常手段(相手に「何だ、その手は…」とぼやかれた気がしますが、自分でもそう思っていました)を取らざるを得なくなりましたが、ギリギリ残していたようで、何とか勝ち切りました。個人的には嬉しい立命戦初勝利となりました。しかし、勝つ直前には、会場の雰囲気から京大は負けたのだと悟っていました… チームは3-4で負け。4位となり、第二代表決定戦に進むことはなりませんでした…

大学将棋では、毎年メンバーが入れ替わるのは必然で、世代交代は仕方のないことです。その中で安定した結果を残すには、やはり選手層の厚さや部全体のレベルアップが不可避なのかなあと思います。また、他大のレベルアップも肌身に感じました。
 僕自身、去年のレギュラー陣のように自分が強くなるイメージが持てなかったこと、旅行に行きたかったこと、そして旅費を稼ぐためにバイトに追われるようになったことなど、この1年間の自分は将棋に対して怠惰だったと思います。
気づけば大学生活も折り返し点近くになってしまいましたが、残された時間はまだまだあると思うので、効率よく棋力アップするにはどうしたらいいのか、模索していきたいと思います。
 選手の皆さん、サポートしてくれた部員の皆さん、お疲れ様でした。
 ありがとうございました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE